2011年03月31日

津波の怖さを活字で知る

「ローカルバスの終点へ」 宮脇俊三 著 新書y 読了。

本を読むとき、いつ読み始め、いつ読み終わったか程度のメモは書くようになった。
そのメモを読むと、2月28日に読み始め、3月6日に読み終わっている。
当初の目論見では、3月11日にブログにアップしようと思っていた。

鉄道紀行の大家であった宮脇俊三さんのバス紀行。
二十三の路線バスの終点を訪ねている。
基準は四点。
 一、乗車時間は一時間以上。
 二、行先が有名観光地でないこと。
 三、行楽や登山シーズンのみ運転の路線は除く。
 四、私(著者)にとって未知の路線・終点であること。
こういった基準であるから、行先は山奥であったり、陸の孤島といってもいい海沿いの鄙びた集落だったり。

バス紀行が行われたのが1987年から1988年にかけて。
過疎化が進んだ現在では、行けなくなってしまったところも多い、残念だ、なんてことをアップしようと思っていた、3月11日までは。
今は岩手県宮古市の川代について書こうと考えを変えた。
宮古市で推測できると思うが、川代は海に面した集落で、このバス紀行では川代以外にも海に面した集落をいくつか訪れている。
その訪問で伝わってくるのが津波の恐ろしさだ。

重茂集落では、漁協など公共施設が揃っている場所は標高80メートルの高みにある。
昭和8年の大津波で、海のそばの施設が流失し、現在の場所に移ったという。
また姉吉という集落では、こんな碑があると書かれている。
「高き住居は児孫の和楽
 想へ惨禍の大津波
 此処より下に家を建てるな」
今回の震災で大きな被害があったのではないかと心を痛める一方で、こういった碑があるということは津波から立ち直った証でもあるのではないかと希望も持つ。
まだそれどころではない段階なのかもしれないが、少しでも早く復興することをお祈りしている。
posted by s-crew at 01:07| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

45X2=30X3=90

土曜日に引き続き、日曜日もサッカー観戦。
向かった先は味スタ。
カードはFC東京対横河武蔵野FC。

この試合で、いくつか驚かされた点がある。
まず主審が世界の西村氏だったこと。
大物を呼んできましたね。
また、横河武蔵野が、30分毎に7人の選手交代をした。
練習試合とはいえ、そんなんあり?と思ったが、あとでちょっと調べてみると、節電の影響で横河武蔵野はあまり練習時間が取れず、フィジカルがまだできていない状態だったとのこと。
それで基本は30分限定、いける人は60分という起用になったようだ。

試合は8−2(前半4−1)でFC東京が勝利。
先制点こそ横河武蔵野だったが、まあこんなもんでしょう、といったところか。
平山が4点取ったが、それ以上に鈴木達也が目立っていたように私の目には映った。

試合展開とはまったく関係ないが、FC東京のSBはどちらも下部組織出身だなと思いつつ試合を見ていた(まあボランチの二人もそうだったけど)。
伝統的にFC東京の下部組織はいいSBを輩出しているなという印象を持っていた。
エスパルスが前日対戦した横浜FCの左SB宮崎(鹿島からレンタル)も、FC東京U−18から流経大を経て鹿島へ。
大学四年時は大学No.1左SBと言われていた。
現役大学生では慶應の右SB田中もやはり下部組織出身で、将来はJのどこかのチームに入るのではないかと予想される。
FC東京U−18がコンスタントにいい成績を残せているのは、いいSBを育成しているのと密接に関係があるのではないかというのが私論である。
ここで強引にエスパルスに話を持っていくと、エスパルスユースもSBの育成にもっと力を入れたらどうかなと思う。

またFC東京の下部組織に話が戻る。
横河武蔵野で私がもっとも注目している選手が永露なのだが、彼もFC東京U−18出身で、法政を経て横河武蔵野入りしている。
彼はどんな思いで古巣相手に戦っていたのだろうか。
ホーリーホックの村田など、実は私の気になる選手にFC東京の下部組織出身者が多いという事実がある。

2011年03月27日

サテのほうが面白かった

トップの試合が終わったあとはサテの試合に。
こちらもフォーメーションは4−1−4−1。
鹿児島ではトップが4−2−3−1、サテも4−2−3−1だった。
基本的にはトップとフォーメーションを同じにするということなのだろうか。

スコアは1−0でエスパルスが勝利したが、一番アピールした選手は高木俊幸だろう。
中央をドリブルで切り崩し、最後は永井へスルーパス、永井が落ち着いて決めて先制。
結果的にこの1点が決勝点となった。
このときのドリブルだけでなく、チャンレンジ精神が旺盛だった。
これは他の選手にも多く見られ、トップに見習わせたいとさえ思った。
俊幸については、以前こんなことを書いていた。
http://orangev.seesaa.net/article/163960775.html
この日の出来だったら、翔と競わせたいと思った。

このゲームで忘れてならないのが碓井のビッグセーブ。
三度くらいあっただろうか。
GKとしては上背はないが、この反射神経はすばらしい。

後半頭から、ユースの選手二人を投入。
1トップに入った柏瀬は、プロの壁を感じただろうか。
ユースレベルでは競り勝てた、シュートが打てたところでいずれも相手DFに阻止されていた。
プロのレベルを体感して、もっと大きく成長してほしい。

もう一人のユースDFの犬飼は落ち着いていた。
犬飼がJYのとき、こんなことを私は書いている。
http://orangev.seesaa.net/article/102294594.html
このころから落ち着いていたんだなあ。

今回は久しぶりにブログを書いたので、ちょっとごまかしのテクニックを使ってしまった。
また明日から、できるだけ毎日更新しようと思うので、お暇なら読んでおくんなさいませ。

少しずつでも復活します

震災後、ブログ更新を止めていたが、エスパルスが練習試合をしたこともあり、またブログを書くことを始めようと思う。

土曜日にアウスタ日本平で行われたエスパルスと横浜FCとの練習試合、まずはトップの試合から。
この試合のフォーメーションは高原が1トップ、エダが1ボランチの4−1−4−1だった。
試合結果は2−1で勝利。
勝利という結果は残したものの、それ以上に課題を多く残したままだなと思ってしまった。

1トップの高原はよくボールをキープしていたと思う。
だが2回のビッグチャンスをどちらも決め切れなかった。
FWだから一度決まればそのまま波に乗れるという気もするので、早く1点を決めてほしい。

その高原とのコンビでの活躍が期待されるシンジだが、昨年よりもボールロストの回数が増えてしまったように思う。
チームメートは、シンジがいい形でボールを持てば信頼して動く。
そこでボールを奪われてしまっては、一挙に大ピンチになる。
そういった場面が何度かあった。

エダの1ボランチは適正なのだろうか、正直よくわからない。
ただ、先制点を決めたときのエダのしぐさから、なんとなく、俺はもっと攻めたいんだ、攻めることができればこのくらいのシュートは決めるぜ、なんてなことを思っているのではないかと空想してしまった。

対する横浜FCは、今シーズンすでに1試合見ている。
そのときに比べると、ボランチに高地がはいったことでまとまりが出てきたように思う。
強い、とは感じなかったが、好チームになりつつあるなと感じた。

まあ、よそのチームのことよりやっぱりエスパルスですな。
辻尾のオーバーラップ、翔のカットインなどが何度も見られるようになれば、もう少し安心してみていられるのだが、今のところはハラハラの時間帯が多い。
もっとワクワクする回数の多い試合を見てみたい。
posted by s-crew at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

偉大な芸術家も愛用した

『モレスキン「伝説のノート」活用術 記録・発想・個性を刺激する75の使い方」 堀正岳・中牟田洋子 著 ダイヤモンド社 読了。

昨年の秋、大書店のビジネス書売り場で、1冊の本とその周りにいろんな種類のノートが置かれるという光景をよく目にした。
その1冊の本とは、この『モレスキン「伝説のノート」活用術」であり、その周りにあったのが実物のモレスキンノートだ。
私は本を買ったはいいが、積ん読状態のままにしてしまっていた。
2月に一念発起して、読むことにした。
といっても、決して敷居の高い本ではない。

なぜ「伝説のノート」と呼ばれているのか。
それはピカソやゴッホといった画家、あるいはヘミングウェイといった作家が愛用していたから。
芸術作品が生まれるきっかけがこのノートにあったのだ。

モレスキンノートの特徴として、@ゴムバンドが着いている A基本はハードカバー B丸みを帯び
た角 C中性紙を使用 Dしおりが着いている Eクロス地で補強されたカードボード製の拡張ポケットが着いている があげられる。
また全体的に見れば自由度の高いノートで、サイズもXS(6.5×10.5センチ)からA3(29.7×42センチ)まである。
レイアウトもルールドノートブック(横罫)、スクエアードノートブック(方眼)、プレーンノートブック(無地)の3種が基本だが、バリエーションも多い。

本を読んでいるうちに無性にこのノートを使いたくなり、最初の一冊としてお勧めとなっていた、ポケットサイズのルールドノートブックを購入、読み始めた次の日からノートブックへの記入を始めた。
何を書くかは、本当にその人任せ、何でもいい。
ただ書かれていることが積み重なってくると、結びつきが出てくる、意味が出てくるもののようだ。

参考までに私の書いた1ページ目はこんな感じ。
「とりあえず書き始める 確かに下敷きがあるような感じで文字が書ける これはうれしい JFLの日程本日発表なし 明日に期待 日本鉄道旅行歴史地図帳10 ブックファースト吉祥寺で購入 etc.」

今のところ16日間連続でノートをつけている。
3日坊主が当たり前の私にしては快挙だ。
これもノートの発する磁力のようなもののおかげだろうか。
あるいは、このノート1890円で買ったので、無駄にしたくないという貧乏性の一面が働いているのか。
ノートに書き込むようになって、若干行動様式が変わったという自覚がある。
はっきりと良い方向に変わったと周りから認識されるように、これからも毎日ノートに書き込みをしたいと思う。
posted by s-crew at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

序盤の台風の目は富山か

駿府マラソンを走り終えた私は、家族とともにパルシェで食事をした。
パルシェの受付では、受付嬢が二人ともエスパルスユニを来ていた。
春のキャンペーンが成功裡に終わってくれればいいがと思った。

食事のあとは横浜まで移動、向かう先はニッパツ三ツ沢球技場、横浜FC対カターレ富山の試合の観戦が目的だ。
横浜駅のダイヤモンド地下街では、バス待ちの人で長蛇の列、こんなの初めてだ。
後で調べたら、親子無料招待券を配って、かなり動員に力を入れていたらしい。
実際、発表された観客数は1万1千を越え、日立台より多いじゃんと思ってしまった。

キックオフ直前に何とか入場、アウェイゴール裏に席を取ったが、思っていた以上にカターレのサポーターが来ていた。
まあ、荷物を置いて一人で2、3席占有している人もいたので、多く思っただけかもしれないが。
私はエスパルスの試合以外では、安くてのんびりできるという理由でアウェイゴール裏で観戦することが多い。
この試合は、のんびりはできなかった。

この試合ではカターレのフォーメーション、3−3−3−1に注目した。
話には聞いていたが、実際のところを生で見たかったのだ。
これは1に入るFW苔口のスピードを活かす戦術だなと思った。
試合の結果は1−2でカターレが勝利したが、この試合のMVPをあげろといわれれば、やはり苔口を選ぶ。
1ゴール、さらにPKも獲得した。

あと、この戦術は選手全体の運動量が必要だ。
涼しい時期はいいが、暑くなってからは機能不全に陥る心配がある。
そのあたりを安間監督がどうマネージメントするのか注目したいと思う。

一方の横浜FC、今年もまたかなりの選手が入れ替わった。
最終ラインはゲームキャプテンの柳沢以外は新加入の選手、ボランチも急造コンビの感は否めない。
まだまだやりたいことができていないと感じた。
そんな中で得点をあげた藤田は、サガン時代に岸野監督の下でプレーをしたことがある分、早くチームに溶け込んでいる感じがした。
得点もあげたし。

カターレは苔口が元気なら、序盤戦はリーグを掻き回す役を担うのではないか。
一方の横浜FCは、もうしばらく辛抱の時間が必要だと感じた。

そうそう、この試合で一番沸いたのは、途中出場で2列目にはいったカズがまたぎフェイントをしたとき。
もはやこれは伝統芸能の域にも達している。
カズだからこそのファウルゲットもあったし。

私自身は疲れていたが、それでも楽しめたなという一戦でした。

本当にこのタイムなの?

日曜日、第36回静岡駿府マラソンに出て、10キロ走ってきた。
土曜日に2試合サッカー観戦した次の日に、朝からこんなことをするなんて、我ながらようやるよと半ば呆れてしまう。

昨年は、50分をきることを目標にしながら、目標に遠く及ばない54分20秒という公式タイムだった。
今年はまったくといっていいほど走っていなかったので、弱気に一時間を切れればいいやと思っていた。
そうしたら公式記録が53分42秒、ネット記録が52分51秒と、昨年より30秒以上記録がよくなっていてビックリした。
DSC00040.JPG


なぜかと考えたら、二つ思い至った。
一つは、昨年は前日東京〜広島〜静岡と大移動をしたので、その疲れが出たが、今年は移動距離が短く疲労度が少なかったこと。
もう一つは、昨年はかなり寒く、十分にアップしないでスタートしたが、今年はあたたかい陽気で、すぐに走れる体調になったこと。
とにかく昨年より記録がよくなったことは、わたしもまだまだ老いていないなとうれしい気持ちにさせた。

とはいえ、やはり走っている間は苦しかった。
特に残り4キロくらいからは筋肉のスタミナが、残り2キロからは肺のほうのスタミナが切れそうになりしんどかった。
こんなときは、頭の中で歌を流している。
例年だと「Runnner」だが、今年は、なぜか足の運びのテンポとあって「団結清水」のチャントを流しながら走っていた。
永井や元紀のチャントも試してみたが、合わなかった。
ボスナーのチャントは私の走るテンポにあっていたが、意味不明のコースアウトするかもしれないと思い、止めた。

足の筋肉痛が、日曜日より月曜の朝、さらに夜と増してきている。
明日の朝に筋肉痛のピークが来るのではないかと心配している。
posted by s-crew at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

今はまだ前途多難なれど

味スタでの今季初観戦を終えた私(ともうおひとかた)は日立台へと向かった。
肝心のレイソル対エスパルスの番だ。
私は、翌日10キロ走るので疲れが残らないようゴール裏は自重し、ビジター指定席に座った。

柏レイソル対清水エスパルスの試合は3−0でホームレイソルの勝利。
スコア以上に、後半の試合内容やボスナーの退場などショッキングな敗戦と感じられる。

3失点は大きいが、私はある程度やむなしと思っている。
最初の失点は、あそこでFKを与えた時点で失点を半ば覚悟した。
キッカーがうまかった。
2失点目は高原のクリアミス。
3失点目は、前掛りになたところでカウンターをくらってのもの。
私は守備面以上に攻撃面で不安を強く感じた。
特にシンジの不調。
パスの精度が低かったり、簡単にボールを失ったり。
シンジがそんなことでは攻撃の形が作れない。
唯一といっていい光明は元紀、重心の低いドリブルやバイシクルシュートなど見せ場を作ってくれた。
次の試合こそゴールを期待したい。

ゴトビ監督は分析の専門家ということだが、レイソルの大津のFW起用は想定に入っていたのだろうか。
左サイドからの大津のドリブルにDF陣は手を焼いていた。
最初の失点に繋がったファウルも、ボスナーのレッドも大津に対してのものだったように思う。
日本での経験が長い分、ネルシーニョが上手だったか。

反省材料が多い試合だったが、次の試合はまたやってくる、待ってくれるわけではない。
ボスナーの替わりに誰を入れるのか、もちろん修正箇所はこの一点だけではないだろうが、ゴトビ監督はどう立て直すのか。
少しでも前進できているか、辛抱の期間が続く覚悟を持って、次の試合を待ちたいと思う。
posted by s-crew at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長いシーズンが始まった

2011シーズン、最初に見たJの公式戦は味スタで行われたFC東京対サガン鳥栖となった。
J2とはいえ、2万人を超す観客が集まった。
それも試合前に行われたスカパラのライブのおかげ、ではないと思う。

試合は1−0でホームFC東京が勝利を収めた。
前評判はダントツの優勝候補のFC東京だが、相手にしてみれば、思い切ってぶつかっていける分、勝ち負けは別にして戦いやすいのではないか。
この日のサガンも、チャレンジャー精神の現われか、前半から飛ばしていた。
前半は0−0だったが、決定機はサガンのほうが多かった。
特に右SHに入った國吉がいい形でボールを持つと得点の匂いがした。

後半FC東京は左SB阿部のフィードを平山がGKと交錯しながらも競り勝って、最後は谷澤が押し込み、先制。
審判によっては平山のファウルを取る人もいたかもしれないという微妙な判定だったように思う。
繋ぐサッカーを志向しているようだが、結局は平山の高さに頼った感じを受けた。
谷澤のゴールが決勝点となり、そのままFC東京が逃げ切る。

今年になってサガンのPSMを1試合見た。
そのときと比較すると、左SHに入るはずの山瀬がいなかったのが、サガンは痛かったように思う。
また途中出場の新人FW野田は、なかなか面白い存在になるかもとも思った。
あとはCF豊田の高さをどこまで活かせるかで順位が決まってきそうだ。

FC東京のほうでは、ボランチが羽生と高橋というコンビ。
どちらも本職ではない。
前半苦戦したのもこのあたりに要因があるかなと思った。
あとベンチのメンバーを見て、やはりJ2では選手層の厚さは抜け出ていると思った。
使われなかったり、ベンチにも入れない選手のモチベーションをどう維持するかが、実は昇格への最大の課題ではないだろうか。

今年もシーズンが始まった。
J2ではどこのサポーターでもない私は、混戦になってほしいと願っている。

2011年03月04日

骨になって弟が還る物語

「愛おしい骨」 キャロル・オコンネル著 務台夏子 訳 創元推理文庫 読了。

読了、と書いたがこの言葉が正しいかわからない。
というのは、一応最後まで読んだが、内容をよく理解できずにいるからだ。
途中では、目は活字を追っているのだが、何が書かれているかがさっぱり頭に入らないところもあった。
途中がそれでは、その後はさらにわからなくなる道理。

ということで、最後まで読んだ後、頭に入らなかった理由を考えてみた。
一つ思い浮かんだのが、この前に読んだ翻訳小説「フランキー・マシーンの冬」と関係があるのではないかということ。
カリフォルニア州が舞台という共通点があるものの、翻訳のトーンが対照的だった。
かたや疾走感が前面にあり、すらすらページがめくれて行く。
もう一方は、何もかもが静かに流れていく。
最後までリズムに乗れなかった。

あらすじはというと、20年ぶりに故郷に帰ってきた主人公オーレン、彼は17歳のとき、15歳の弟と二人で森へ行き、一人で帰ってきた。
そして今、弟の骨が一つずつ家に置かれていく。
何が起こっているのか?
内容を理解していない人間が、解説を参考に書いているので、これだけを読ませられても困るかもしれない。
申し訳ないとは思う。

まあ、たまにはこういう小説に出会うこともあると、気持ちを切り替えて読書を続けたいと思う。
今回は、骨が折れた、歯が立たなかったという本の話でした。
posted by s-crew at 22:59| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

乗るぞ乗るぞ絶対乗るぞ

3月5日から東北新幹線では「はやぶさ」が走り始める。
また3月12日には九州新幹線の博多−新八代間が開業し、新青森から鹿児島中央までが新幹線で結ばれることになる。
そういったタイミングだからだろう、ビジネス週刊誌『週刊東洋経済』の今週号の特集は『「鉄道」最前線』、これは取り上げねばなるまい。

80ページにもわたる総力特集、その中身は4つのPARTに分けられている。
 PART01 鉄道はモノづくりの塊!
 PART02 世界の鉄道戦争
 PART03 国内鉄道最前線
 PART04 都市圏鉄道の課題
どのPARTにも触れたい気持ちはあるが、手を広げすぎるとまとまらなくなりそうなので、PART03の国内鉄道最前線に絞ることにする。

とはいうものの、新幹線の話題はたぶんほかでも盛り上がるだろうから、へそ曲がりな私はほかのことをピックアップしたい。
まず、「地方鉄道、存続への取り組み」。
このトピックの中では7つの地方鉄道が取り上げられている。
その中で私の一押しはひたちなか海浜鉄道だ。
なんてったって、私のブログにコメントをよこしてくれたことがある。
さらにホーリーホックの選手も参加するイベントの紹介までしてくれた(さすがに行かなかったけれど)。
よし、次は那珂湊駅で自転車を借りるぞ、と訳のわからない目標を立てた。

もう一つは「次のLRTは札幌か沖縄か?」。
ご存知の方も多いと思うが、LRTとは、早い話見栄えのいい路面電車。
そのLRTを走らせようという機運が高まってはいるものの、富山の次が続かないというのが実際のところ。
政令指定都市になり、LRT計画が進むかと思われた堺市も、反対派の市長になってしまって止まってしまった。
個人的には、松江はLRTに向いている街のように思うのだが。
JRの松江駅と一畑電車の松江しんじ湖温泉駅を、中心市街地経由で結べば面白いと思うし、さらに一畑電車に乗り入れるなんてことになったら、私は絶対乗りにいく。

まだまだ紹介したい記事が残っているが、ここらあたりでブレーキをかけることにする。

私はまだ買っていないが、今週号の「週刊エコノミスト」も鉄道を特集していた。
たぶん近日中に買うのではないかと思っている。
今、テツが熱い。
posted by s-crew at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。