2011年04月03日

芸人の笑えるネタが満載

「笑芸人 しょの世界 プロも使えるネタノート」 高田文夫 著 双葉新書 読了。

現代の関東の笑芸人について語らせたら、高田文夫の右に出るものはいないだろう。
その高田文夫の、ネタ満載の連載(月刊誌『EX大衆』の2008年1月から2010年10月まで)を1冊にまとめたのがこの本。
腰巻には「報復絶倒の爆笑小噺 237連発!!」とある。

題名は、高田文夫が大学時代敬愛していた永六輔が書いた「芸人 その世界」から取っていると本の始めの「まくら」に書いてある。
「しょの世界」というのが高田文夫センセらしい。

いろいろなギャグが満載されているが、芸人のものよりも長嶋茂雄のもののほうがなぜか強く印象に残っている。
本当なのかギャグなのか定かではないが、いくつか紹介したい。
「私は若い頃からホームランバッターというバッテラを貼られましたからね」、それをいうのならレッテル。
ラジオ局に入ってきて、たくさんの女子が電話を受けている部屋を見て「盛り上がってますねぇ、エロ本センター」、テレフォンセンターだって。
オリンピックの入場行進を見て「素晴らしい、一糸まとわぬ入場行進」、一糸乱れぬでしょ。
二つめのはつくりっぽいな。

また「まくら」も戻るが、高田文夫の選ぶ芸人ベスト9が発表されている。
ベスト9というところがミソで、野球の打順に見立てている。
そのため、4番が最強芸人となる。
主だったものだけ紹介すると、1番が春風亭昇太、3番が爆笑問題、4番が予想通りビートたけしで、5番が立川談志。
しぶいところで7番イッセー尾形にうなり、代走要員の江頭2:50に苦笑する。
同じことを徳光和夫もやっていて、こちらの4番は植木等。
素晴らしい、徳光を見直した。

肩がこらず、気楽に読める本。
私はあえてゆっくりと読んだが、その気になれば1時間ちょとで読み終えることができたのではないかと思う。
だからといって、内容が薄い本とは申しませんが。
posted by s-crew at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今回は味スタの人工芝上

この前の日曜日に味スタへ行ってきたばかりだが、今日(土曜日)も味スタへ行ってきてしまった。
前回はFC東京対横河武蔵野FCの試合を見るため、今日は自分がフットサルをやるため。
おなじみの超ドシロートの大会に参加してきたのだ。

今回はいつものレギュレーションと違っていた。
6チームを二つのブロックに分け、総当たり戦をし、3チームでの順位を決める。
その後、両ブロックの1位と成績の良かったほうの2位の計3チームと、また両ブロックの3位と成績の悪かったほうの2位の計3チームで新たなブロックを作り、再び総当たり戦をし、順位を決めるというもの。
2試合やってまた2試合というわけで計4試合やったことになる。

成績はというと、1次リーグは2戦2敗で3位に終わり、下位のブロックへ。
下位のブロックでは1勝1敗で3チーム中2位、6チームで見れば5位という結果に終わった。

1次リーグの2試合は、自分でもびっくりするくらいすぐにバテてしまった。
原因は試合前のアップ不足かなと思っている。
3月6日に10キロ走って、予想よりもいい記録が出たので、ちょっと慢心があったのかもしれない。
次の大会の時には、試合前に体を十分にイジメて試合にのぞもうと思っている(けどすぐに忘れてしまいそうな気がする)。

2次リーグの初戦が、この日唯一の勝ち試合。
前半に1点先制されたものの、後半2点を入れて逆転勝ち。
フル出場ではなかったが、多くの時間をピッチ上にいて、勝利に貢献できたのではないかと思っている。
ちなみにこの試合の対戦相手は、以前にも試合をしたことがある。
チーム名から中学のサッカー部のOBチーム(といっても年齢は50歳前後と思われるが)と思われる。
この中学、私の家の近所にあり、選挙のたびに私が投票に出向くところだ。
選手の中には、ご近所の方もいるかもしれない。

2次リーグ2試合目は敗れてこの日はおしまい。
展開によっては、意図的に仕掛けてみようと思っていたが、少ない機会ではあったが試すことができた。
その点が個人的には収穫だった。

また次の機会も楽しめることを期待したい。
posted by s-crew at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。