2011年04月28日

元紀の右がチームを救う

私が風邪をひいてしまったため、なかなか書けずにいた土曜日の観戦記。
ぐずぐずしている間に、明日は試合というところまで来てしまった。
今日は体調がいいので、何とか書けそうだ。

Jリーグさいかいのエスパルス対アビスパの試合は、後半元紀が直接FKを決め、1−0でエスパルスが勝利した。
開幕戦でレイソルのジョルジ ワグネルにFKを決められ、そこから崩れたエスパルスにしてみたら、FKで借りを返した格好とでもいえようか。
元紀のFKは近すぎて、かえって難しいと思っていた。
それを決めたのだから、これだけで十分MOMに値するだろう。

全体的に見て、前半は低調、特にシンジと高原のベテラン勢がチームを引っ張れていないのが残念。ショルダーチャージを受け、倒れる高原は見たくなかった。
後半に入って、怪我の村松に替わり真希が入り、エダが一列下がる。
真希の動きにはがむしゃらさが見られて、なかなかよかったのではないかと思う。

やっと内容がよくなったのは得点をあげてからというのも、サッカーはメンタルの要素も多いことの現われか。
シンジに替わって入ったブロスケが高いキープ力を見せ、高い位置でボールを持てるようになった。
まあそれまでが悪すぎたというのもあるけれど。

勝利という結果だけを残した試合と見ることもできようが、今のエスパルスにとっては勝利こそが成長を促進する最大のものとも捉えることができるのではないか。
この試合を見て、2007年シーズンのアントラーズの初勝利の試合を思い出した。
このシーズン、アントラーズの初勝利は、開幕から一月以上たった4月半ば、相手は最下位候補の横浜FC戦だった。
私は日産スタで、この試合を生観戦し、両チームとも内容があまりに寒くて驚いた覚えがある。
ところがアントラーズはこの勝利をきっかけに次の試合(相手はエスパルス!)にも勝って波に乗り、終わってみればシーズン優勝、さらに3連覇へと続くのであった。

アントラーズが横浜FC戦の次の試合に勝利して調子に乗ったように、エスパルスも次の試合で勝利を収めれば、チームは軌道に乗るのではないかと期待する。
posted by s-crew at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。