2011年05月03日

戦う気持ちが勝利に直結

藤枝総合運動公園サッカー場での第2試合はエスパルスユース対FC東京U−18(以下東京)。
正直言って、試合前はボロ負けさえしなければいいくらいの気持ちでいた。
レッズユースを物差しにして考えると、エスパルスユースはレッズユースに0−4で負けた。
東京はレッズユースに3−1で勝った。
単純に言って1−7で負けるくらい力の差があるのではないかと心配していたのだ。
さらに、東京にはすでにトップに帯同している橋本がこの日先発出場、対してエスパルスはレギュラーFWの柏瀬と影山を怪我で欠き、中盤の要石毛もU−17日本代表に選出されて不在、どうすりゃ戦えるんだと思っていた。

ところが試合は2−0でエスパルスユースの勝利。
ごめんなさい、信頼しなかった私が悪うございました。

この日のエスパルスユースは戦う集団だった。
ファイトしていた。
前半微妙な判定でPKを取られたが、GK滝川翔が見事にキャッチ、良い流れを持続する。
相手ゴール前で体を張っていたのは、この日1トップを任された加賀美翔。
試合後半は足がつりそうになっていたが、歯を食いしばって与えられた役目をこなしていた。
翔という名前の選手が活躍する前兆か?

得点は後半も残り10分を切ったあたりだっただろうか。
FKのボールを藤崎が競る。
こぼれたボールを走りこんだ水谷和磨がボレーで蹴りこんでエスパルスユース待望の先制点。
追加点はロスタイムに入る頃。
交代出場したばかりの進藤がFKを蹴るとボールはクロスバーに当たり跳ね返る。
そのボールにいち早く反応したのが、やはり途中出場の伊東直樹、頭で押し込む。
福島出身の伊東直樹の得点に、胸が熱くなる。

実はこの試合ですごい選手だなと思ったのが藤崎。
パントキックやスローインのボールはすべて藤崎の頭に合わせていた。
この選手の身体能力の高さと、ユーティリティさは特筆ものだと思う。
現在2年で、この世代はMF石毛とCB江井、さらに加賀美あたりがトップへの昇格候補と目されているが、一番大成するのは藤崎なのではないかという気がしている。

忘れてならないのが、大榎監督の手腕でしょう。
この日の大榎監督にはモウリーニョが憑依しているんじゃないかと思った。

試合前の弱気を反省しつつ、とっても良い気分で藤枝総合運動公園を後にした私であった。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。