2011年05月05日

河井が追加点!慶應勝利

麻溝の第2試合は、明治大対慶應義塾大、河井の出場するお目当ての一戦だ。
慶應のメンバーの中には、エスパルスの練習に参加経験のある選手が河井以外にも何人かいる。
この日は右SBに入った藤枝東出身の藤田、1年ながら右ボランチでスタメン出場の清水東出身の増田、さらにいつのまにかボランチからFWにコンバートされていた大塚(滝川二高出身)。
こういった選手に注目して試合を見ようと思っていた。
また、帰りの電車の中で気づいたのだが、今年から吉田康弘氏が明治のコーチになっていたのではなかったか。
気にしていなかったせいか、ベンチにいたのかどうかまったくわからなかった。

試合は前半0−1、後半0−1、合計0−2で慶應が勝利を収めた。
明治は昨シーズンのリーグ戦優勝チームで、今季も優勝候補の筆頭と目されていたと聞いている。
それが開幕戦から黒星となり、リーグ戦自体は面白くなりそうだ。

注目の河井だが、ポジションは4−2−3−1の3の中央、2年前のポジションに戻った格好。
チームの1得点目ではFKを蹴って得点の起点となり、2得点目は自ら蹴りこんだ。
河井の得点直後の慶應イレブンさらにベンチは大いに盛り上がっていた。
開幕戦は3年連続で得点をあげているらしい、なにか持っているものがあるような気にさせる。
得点シーン以外ではあまり見せ場はなかったが、それでも今までよりも運動量が増え、守備も今までに比べたらだが、かなりするようになったのは好印象。

藤田は運動量が豊富だった。
ボランチも両SBも一定レベル以上にこなせるのが藤田の重宝するところ。

増田はかなり守備に追われていた。
初めてそのプレーを見るので、まだなんともいえない。
ただ、選手層の比較的薄い慶應とはいえ、開幕戦からスタメン抜擢は高い素質を持っているということの現われなのだろう。
囲い込みますか。

大塚はロスタイムからの出場、正直FWでの出場に違和感を持った。
プレーもまだFWのスタイルではない印象を持った。

試合全体を振り返ると、明治がゲームを支配したものの、慶應が体を張って凌ぎ、少ないチャンスを確実にものにしたといえるのではないか。
強かったのは明治、だが試合に勝ったのは慶應、こういう結果になるのもサッカーだ。

7−0の完勝 法大好発進

JR東日本カップ2011 第85回関東大学サッカーリーグ戦が、当初の予定より一月遅れで始まった。
エスパルス加入がすでに発表された河井のいる慶應義塾大の試合が相模原市の麻溝競技場であったので、見に行ってきた。
慶大の試合の前に、リーグ戦2部の法政大対朝鮮大学校の試合があったので、まずはこちらの試合から。

法政大は今季から2部に降格した。
また大石和孝氏が新監督に就任した。
昨年まで藤枝東高の監督で、エスパルスともジュビロとも関わりのある方だ。
メンバーを見ると1部昇格の最有力候補と思えるので、あとは監督の手腕次第というところだろうか。

一方の朝鮮大についてはさっぱり予備知識がない。
マッチデイプログラムに載っていることだけが知りえた情報だった。
両チームがピッチ上に立つと、全体的に法政大のほうが体つきが良い。
少々意外に思った。

試合は前半2−0、後半5−0、合計7−0で法政大の圧勝。
特に後半はやりたい放題といった感じだった。
法政大で目についた選手は、2点目をあげた左SBの浅田。
クロスを入れるぞ入れるぞという雰囲気を発散させておいて、GKのニアをぶち抜くシュート、いいわ。
また、以前から注目している選手が右SHの真野。
この日は2得点をあげる。
私の後ろに朝鮮大OBと思われる集団が陣取っていたが、真野の1点目を見て、このシュートやっひーがマンデーセレクションに取り上げるぜ、と言っていた。
それだけいいシュートだったということ。

やはり法政大は強いと思ったが、朝鮮大が無抵抗すぎたという感もあった。
1試合を見ただけで言うのは早すぎるとは思うが、それでもやはり法政大は昇格の最有力候補、そして朝鮮大は下部リーグ降格に近い位置にいるといえるのではないだろうか。

結果も内容も散々な出来

今日は養和巣鴨グラウンドへ行ってきて、プレミアイーストの三菱養和SC対エスパルスユースの試合を見てきた。
つい先日まではJ−GREENとどっちへ行くか迷っていたが、財布の中身を見てこちらにした。
試合結果は4−1(前半1−1、後半3−0)でホームの三菱養和SCが勝利した。

あるブログで、三菱養和は4月の前半は電力事情によりチームとしての練習が、1日30分と限定されているという記事を読んだ。
その後どうなっているかまでは知らないが、とにかくチーム作りが遅れているという話だった。
さらにこの日はU-18日本代表でグランパス入りが噂されている田鍋が不出場だった。
これなら勝てるのではないかと思っていたのだが、結果は散々、返り討ちにあってしまった。

エスパルスユースでも、対FC東京戦で体を張っていた藤崎がこの日は不出場だった。
どこか怪我でもしてしまったのだろうか。
彼がいないと、今はターゲットになれる選手がいない。

前半はやや三菱養和が押し気味だったかも知れないが、1−1は妥当なスコアだと思った。
エスパルスユースでゴールを決めたのは水谷和磨、2試合連続ゴールだ。

後半早い時間帯に三菱養和にゴールを決められると、そのあとはずっと三菱養和の時間帯のままだった。
3失点目は中途半端なバックパスを掻っ攫われてのもの。
4失点目はPK。
徐々に選手たちの戦闘意欲が低下していくのがわかった。
こういった試合は見てるほうもつらい。

ベンチと観客用の席との距離が非常に近かったので、大榎監督のハーフタイムの指示や、試合後の選手たちへの言葉を6、7割聞くことができた。
やはりこの試合の後半のできには大いに不満だったようだ。

次はホーム(といってもエコパだが)でヴェルディユースと試合だ。
私は見に行く予定はないが、FC東京U−18戦で見せた戦う気持ちを前面に出したような試合をやってくれればと思う。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。