2011年05月14日

明大2試合連続の無得点

江戸川陸上競技場での第2試合は、明治大対神奈川大。
明大は前節、0−2で慶應に敗れるという痛いスタート。
一方の神大は、退場者を出しながらも1−0で勝利。
好対照のスタートを切った両チームの対戦といえるかもしれない。

試合結果からいえば0−0のスコアレスドロー。
明大にしてみたら、2試合連続で得点を奪えなかったことになり、こんなはずではなかったのに、という思いがあるのではないか。

ボールの支配率はやはり明大のほうにあった。
ボールは良く回る。
サイドチェンジも決まる。
だがゴールが遠い。
サイドからの崩しにこだわりすぎたか。
もう少し正面からミドルシュートを狙うなどの工夫があっても良かったのではないか。

神大のサッカーというと漠然と、守備は堅い、サイドバックに好選手が多いというイメージを持っていた。
今年のチームはというと、守備はそこそこ堅いが、SBの上がりはあまり見られず、ちょっとイメージとは違っていた。

得点が生まれなかったので、やや盛り上がりに欠ける試合だったといってしまおう。
基本的に、この日は河井を見に来たのだからまあいいか。

試合内容とは直接関係ないが、明大のルーキー矢島が途中出場すると、チャントで盛り上がった。
矢島の名前は倫太郎だからだろう、リンリンリリンリンリンリリンリンリンリンリリン倫太郎と、「恋のダイヤル6700」が元歌。
参考までに矢島はレッズユース出身で、昨年の高円宮杯グループリーグでエスパルスユースが痛い目にあったのを思い出す。
あの試合だけ見ると、トップ昇格するかと思ったのだが大学へと進んだ。

上にも書いたが、明大は2試合を終わって得点がない。
攻撃の再構築が必要と思った。

藤田息吹の奮闘が目立つ

グランパス戦の日は、名古屋日帰りだった。
そして翌日、江戸川陸上競技場で関東大学サッカーリーグ戦2試合を見ると。
第1試合は慶應義塾大対流通経済大、まだ1試合を終わった段階だが、1位対2位の直接対決だ。
首位攻防というには、やはり早すぎるか。

メンバーを見て、この試合は1点を争う試合になるような気がした。
流経には、GK増田、CB山村、左SB比嘉と3人のU−22日本代表がいる。
もっとも山村は、U−22ではボランチだが。
慶應のGK、DF陣も2年からレギュラーだった4年生が多く、前の試合で明治相手に無失点だったように、安定している。
両チームとも堅守を持ち味としている。

試合結果はというと、1−1の引き分け。
試合後は、勝ったかのように盛り上がる慶應と、負けたかのようにうなだれる流経とが好対照だった。

流経が68分に先制、ペナルティエリアの外のボールの処理に、慶應GK中川が失敗。
ヘディングでクリアしようとしたら、予想以上にボールが弾み、ボールは頭に触れず後方へ、プレッシャーを掛けに行った14番河本が難なく押し込む。

ここから慶應は反撃に出るが、流経のDF陣は堅く、エスパルス加入の決まっている河井も決定機を作れない。
時計の針はロスタイムへ。
その前のところはあまり覚えていないのだが、なぜか慶應右SB藤田がペナルティアーク付近でボールを持つ。
その右から走りこんできた途中出場の森田にボールを落とすと、森田の右足一閃、ボールはゴールへ突き刺さる。

引き分けに終わったが、この試合で私が一番惹かれたのは藤田息吹のプレーだった。
アシストも素晴らしかったが、思っていた以上に対人に強かった。
今まで何試合か藤田の出場した試合を見てきたはずだが、こういった感じを受けたのは初めてだった。
河井に続いて、藤田もエスパルスにほしいと強く思った。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。