2011年05月21日

堅い守備が大勝を導いた

今日は草野球をしてきた。
場所は上井草スポーツセンター、私のアパートから歩いていける。
というか、ほぼ一本道。
15年位前に1回だけここで野球をしたことがあり、人工芝だったことを覚えている。
対戦相手は、一度やったことがあるチーム。
そのときは、11−12という乱打戦の末、時間切れで負けになったらしい。
らしいというのは、その試合には私は参加していなかったから。
ともかく打撃には自信があるチームと聞いていた。

私は6番ショートで出場、前回の守備が散々だったのでもうショートはできないかと思っていたが、名誉挽回の機会が与えられたというつもりで臨んだ。

結果から書くと17対4で、スコアだけ見たら大勝。
だが、3回終わった時点では3対4と1点のリードを許していた。
ここで追加点を許せば主導権は完全に相手に握られてしまうところだった。
そんなときに守備のビッグプレーが2度続く。
ノーアウト満塁のピンチでライトフライ、ここで草野球らしからぬ見事な中継プレーとキャッチャーのブロックで本塁タッチアウトのダブルプレー。
さらに次の打者の打球は右中間を抜けようかという飛球、俊足のセンターがランニングキャッチして無失点に切り抜ける。

その後わがチームは相手投手のスタミナ切れを突いて、5回に6点、6回に8点と大量点を奪う。
相手チームは気持ちが切れてしまったのでこういった結果になったが、好守備がなければ逆の結果もありえたと思う。

私の成績はといえば、打つほうではライト前・レフト前と打ち分けて2安打と納得の結果。
さらに言えば、内野安打と確信してベースを踏んだ当たりが1本あったのだが、審判の判定はアウト、ちょっと納得が行かなかった。
守りのほうでは、フライとゴロを1つずつアウトにする。
こちらはまあ良し。
ただ横っ飛びでボールに食らいついた守備機会が3度あったのだが、1度はグラブの土手に当ててしまい、あとの2度はグラブの下を抜けて外野に達してしまった。
球際に弱くなったなあとも思ったが、前回に比べればかなりましになったと前向きに考えることにする。

結構暑かったが、ヒットも出てチームも勝利、気分のいい土曜日となった。
タグ:草野球
posted by s-crew at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。