2011年06月05日

高地が落ち着いて2得点

草野球を終えた後、何か物足りない気がした。
よし、今度はサッカー観戦だ。
都営新宿線から総武線快速・横須賀線に乗り継いで横浜へ。
3時キックオフの横浜FC対東京ヴェルディの試合に間に合った。

正直このカードにはあまり食指が動かなかった。
ホームの横浜FCの成績が悪い。
相手も、どうせなら普段あまり生で見られないようなチームだったら良かったのに、ヴェルディでは見る機会も近いうちにありそうだし。

スタメンは「エルゴラ」の通りのようだ。
横浜FCは4−1−4−1のフォーメーションでカズが先発。
でも機能していたとはいい難かった。
特に藤田祥の2列目は不発だった。
DFとGKがお見合いしてしまい、ヴェルディの深津に決められて横浜FC先取点を許す。
さらにアンカー八角がイエロー2枚で退場。
また横浜FCが負けるのかと思った。

ハーフタイムに横浜FCは2枚替え。
カズと藤田out、高地と寺田in。
替わって入った高地が立て続けにゴールを決める。
1点目はスルーパスを受けて粘りのゴール。
2点目は相手GKの動きを良く見て右足アウトサイドでのループシュート。
やはり横浜FCは高地の存在が大きいことをあらためて感じる。

一方のヴェルディ、ボールは回るもののシュートが少ない。
後半途中でゴール裏から「シュート打て」コールが起こる。
ドリブルで打開しようとするトップ下の河野は目だっていたものの、全体的に見れば引いた横浜FCを崩しきれない。
やはりもっとミドルシュートの意識が必要だろう。

2−1でタイムアップ。
喜びが爆発する横浜FCのゴール裏。
対するヴェルディのゴール裏からはブーイングが。

横浜FCがこれですぐに調子に乗れるかというと、まだ疑問だ。
それでも高地が点を取ったことで徐々に好転するかなとは思う。
八角の穴を誰が埋めるのかを含め、次の試合がかなり意味のあるものになりそうだ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。