2011年06月25日

不敗記録もいつかは止る

なかなか観戦記が追いつかない。
これから書くのは水曜日に行われたエスパルス対フロンターレの試合。
フロンターレは、もう次の試合を終えたというのに(苦笑)。

この試合は前半ロスタイムのシンジのPKの場面から見た。
スタジアムの中に入ろうとしたら、うれしそうな声で「PK、PK」という声が中から漏れ聞こえてきた。
エスパルスがPKを奪ったと確信し、急いでスタジアムの中に入った。
あわてて空いている席に座りPKの場面を見た。
決まったとき、私のいた場所からはオーロラビジョンが見えず、得点が何対何かわからなかった。
ただ、スタジアムの雰囲気が押せ押せになっていたので同点に追いついたのかなと思った(前半20分くらいの時点で0−2であることは知っていた)。
PKの後もスタジアムの雰囲気そのままに、押せ押せでこれはいいぞと思った。
前半終了、この時点で2−2であることを確認する。

後半の始まり。
しばらくして、フロンターレの井川にイエローが出る。
結構厳しく取ってるなと思ったら、これが2枚目のイエローで井川退場。
このあたりの時間帯、やけにイエローが出るなあと思った。

ここからフロンターレは、守って守ってカウンターに徹する。
でもこれが結構怖い。
交代出場の小林のヒールキックがゴールになってしまった。

逆にエスパルスはボールは持てるが崩しきれない。
大悟・俊幸の交代で入った選手も、ボールには絡むが…。
大悟にはもう少しシュートの意識を強く持ってほしかったなと思った。

最後までフロンターレの守備陣を崩せず、2−3でタイムアップ。
とうとうアウスタでフロンターレに負ける日が来てしまったか。

この記事を書いている今では、不敗を止められたのだから、今度は相手チームの不敗を止める番だと思っている。
肉体的な疲れはあるだろうが、連戦の最後、もう人頑張りしてベガルタの不敗記録を止めてほしい。
posted by s-crew at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

点差こそ1点だけだが…

野津田での試合が終わり、ゼルビアの選手がゴール裏に挨拶するのを待って、スタジアムを後にした。
歩いて野津田車庫前バス停へ、バスに乗って鶴川駅へ、そこから小田急各駅停車で狛江へ。
狛江駅からバスで味スタへ、着いたのはキックオフの15分ほど前だっただろうか。

今度の試合はJ2、FC東京対ヴォルティス徳島、このところ復調気味と聞いていたFC東京の戦いぶりに注目しようかと思っていた。

試合は前半終了間際にあげた梶山のゴールを守りきって、FC東京が1−0で勝利を収めた。

FC東京は落ち着いていた。
守備陣、特にCBの今野の出来は素晴らしかった。
これではヴォルティスは点が取れないなと思った。

この試合が始まる前まではヴォルティスのほうが順位が上だったが、がっぷり四つに組んだら、やはり昨年までJ1だったFC東京のほうが地力は上と思った。
なんというのか、FC東京は今季の昇格に絞った戦い方を選択したのか。
FC東京にしてみたら、かえって順位が上のほうのチームと戦うときのほうがやりやすいかもしれない。

一方のヴォルティスだが、中盤ではそれなりに持てるもののFWにいい形でボールが入らない。
得点シーンを想像できないまま試合は終わってしまった。
もう少しFWドウグラスはボールを呼び込む動きができると思っていたが、やはり今野の出来が良かったということなのだろうか。

気がつけばFC東京は4位まで順位を上げている。
野次馬的に見て、もう少し苦しむところを見ていたい気がしていていたが、このまま昇格圏内に定着することになるのだろうか。
思っていたより早く立て直したという印象。
でもやっぱり混戦が続いてほしいなと、しつこいようだが野次馬的に思うのであった。

スタジアムの変貌に驚く

今さらながら、この前の日曜日に行われた試合の観戦記を書く、それも2試合。
予想外に忙しい日があったり、水曜日にJ1があったり、まあ観戦記が遅くなった言い訳に過ぎませんね。
まずは町田の野津田で行われたJFLの町田ゼルビア対長野パルセイロの試合から。

試合前から、あれっ?て思った。
確か昨年は鶴川駅前からスタジアム前までの無料シャトルバスが出ていた記憶があるが、それがなくなって野津田車庫までの路線バスを案内された。
昨年は、一種の実験だったのかなと思った。

野津田車庫のバス停に着いて、スタジアムに向かいそうな人の後ろについていく。
本当にこれからスタジアムに向かうのかと不安になるような小道を歩いていくと、スタジアムが見えてくる。
スタジアムに入ってまた驚く。
ホームとビジターのサイドが、昨年までと替わっていた。
さらにメイン以外は芝生だったが、バック・ゴール裏も座席になっていた。
本当はビジター側のゴール裏のそばにいて、どういった応援をするのか見たかったが、移動がかったるくなって、コアサポとはちょっと距離を置きつつも、ホームゴール裏に座る。

試合結果は2−2のドロー。
目立ったのは両チームの10番。
ゼルビアの10番、ディミッチはFWで出場、スルーパスに反応し、落ち着いて先制点を決める。
素直にうまい選手と思った。
この日出場していなかったゼルビアのFW勝又が戻ってくれば、トップ下にポジションを移すのかな。
一方のパルセイロの10番は宇野沢、レイソルで活躍していた印象が強いFWだ。
PKを2つ取り、自ら2本とも蹴りこんだ。

観客は約2800人、ゼルビアにしてみたらこの数字はどうなのだろう。
JFLにしてはビジターサポもよく来ていたように思うので、もう少し入ってほしかったというのが正直なところではないかと思う。

よく考えてみたら、今年JFL初観戦だった。
これからの季節、JFL観戦が少し増えるかもしれない。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。