2011年06月28日

この素晴らしき探偵小説

「暗く聖なる夜」 マイクル・コナリー著 古沢嘉通 訳 講談社文庫 読了。

メモを見ると、5月20日に読み始め、5月28日に読み終わっている。
もう読み終わってひと月も経っているではないか、ああ。

ロサンジェルスを舞台にしたハリー・ボッシュシリーズも、この作品で9作目となる。
シリーズの中の位置づけとして、この作品は今までで最大の変化を見せたものといえるのではないか。
変化は大きくいって2点。
まず、主人公ボッシュがこの作品から私立探偵となったこと。
前作「シティ・オブ・ボーンズ」のラストは衝撃だった。
刑事が天職だと思っていたのに、自らの意思でその職を辞してしまったボッシュ。
私立探偵となって捜査にあたるボッシュはどこまで事件の核心に踏み込めるのか、そういった関心を持ち続けながら読み進めた。

2点目は、初めて一人称で書かれたということ。
一般的にハードボイルド小説は一人称で書かれることが多い。
逆に一人称でなければハードボイルドではないと言っていた方もいたような気がする。
だが、このシリーズは今まで三人称で書かれていた。
私立探偵になったから一人称なのか、そうなった理由はよくわからない。
ただ、一人称になったことで今まで以上に作品世界に入り込めたような気がする。

刑事時代の心残りとなっている未解決事件の捜査を始めたボッシュに、いろいろと圧力がかかるようになった。
圧力は妨害、さらに警告へ。
それでも事件解決へのヒントを半身不随となった元刑事から得たボッシュは、」さらに事件に深入りする。

この時点でシリーズ最高傑作という評判に納得した。

また、事件とは別に、小説の最後にサプライズが。
いやあ、エレノア・ウィッシュはやはりボッシュにとって運命の女(ひと)だった。
また、次のシリーズ作品をすぐに読みたくなってしまう。
このあたりの手口(という言い方があってるのかわからないが)も、著者はうまいものだなあと感心する。
posted by s-crew at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベガルタをついに止めた

昨年エスパルスは、アルビレックスに敗れるまで開幕から不敗を続けていた。
そして今年のエスパルスは、開幕から不敗を続けるベガルタに初黒星をつける立場となった。
1対0での勝利。
なにか巡りあわせを感じる。

この試合の前半は、じりじりする展開だった。
エスパルスはこの日は4−2−3−1のフォーメーション、ボランチは真希と大輔というコンビ。
二人とも中盤の底にしっかりと構え、相手の速攻を許さじと立ちふさがっていた。
だが攻撃時ではボールをもらう動きが少ないように感じた。
二人のうち一人は前に飛び出してもいいのではないかと思ったのだが。
前半はできるだけリスクを冒さないということだったのだろうか。

後半は選手交代などによってゲームが動き出し、エスパルスが得点をあげる。
宏介からのアーリークロスを、永井が前でつぶれて後ろのブロスケがあわせてゴール右隅に流し込む。
相当難しいシュートだと思うだが、よく決めてくれた。
また永井を交代で入れたときに、ブロスケと俊幸の位置も替えていた。
このあたりも得点に結びついているはず、唸る。

ベガルタは中原をいれ、パワープレーに出る。
エスパルスはFW永井を最終ラインに入れ対抗、4分のアディショナルタイムも含めて虎の子の1点を守り抜き、勝利を収める。

MOMはやはり唯一の得点をあげたブロスケで決まりでしょう。
得点直後の大ピンチを、よく前に飛び出して防いだ健平も貢献度大。

これで5連戦を3勝1敗1分という成績で乗り切り、勝ち点10を得た。
変則的な日程で、選手はかなり消耗を強いられたと思う。
コンディションが早く回復することを祈っている。
そしてホーム3連戦の最後の試合で、因縁浅からぬアントラーズを叩いてほしいと思う。
posted by s-crew at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。