2011年07月08日

虚無へのカウントダウン

「マルドゥック・ヴェロシティ1 2 3」 冲方丁 著 ハヤカワ文庫 読了。

5月28日に読み始め、6月13日に読み終わった。
全3巻あわせると、1000ページを越す大作。

発表は後だが、先に刊行された「マルドゥック・スクランブル」の前日譚。
シリーズは3部作とのことだが、やはり「スクランブル」が中心にあるという位置づけと思われる。
というのは、「ヴェロシティ」はPrologue100から始まり、Epilogue0で終わっている。
章ナンバーがカウントダウンされていて、このまま「スクランブル」へと繋がるのだ。

どういった内容かといえば、著者によるあとがきから引用すると『特殊な力を持った集団同士が戦い合う娯楽活劇』となる。
山田風太郎の忍者もののSF版といえようか。
私はあまり風太郎体験がないので、「伊賀の影丸」に代表される横山光輝の忍者ものマンガを連想した。

「伊賀の影丸」で言えば、影丸に当たる主人公が、「ターミネーター」みたいな外見のディムズデイル=ボイルドと、良心の塊のネズミであるウフコック=ペンティーノのコンビ。
ボイルドは周囲を自分の都合のいい重力状態に出来るという能力を持ち、ウフコックはどんな兵器にも変身できるという能力を持つ。
しかし、物語の終盤、ボイルドの大いなる虚無感ゆえ、このコンビが解消されることになる。
そして「マルドゥック・スクランブル」へと続いていく。

こうなってくると、シリーズ3作目にして完結編(のはず)の刊行が待たれるところ。
おそらく完結編も全3冊の大作と予想する。
このシリーズを読むときには、十分体力をつけて読書に臨みたい。
読むほうにそれだけのパワーが要求されるシリーズだと思う。
posted by s-crew at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

都電100周年記念特集

たびたび書くようだが、雑誌「東京人」は鉄道特集のときだけ買っている。
最新号も例に漏れず購入した。
特集は『もう一度乗りたいなつかしの鉄道』。
今年は東京市(当時)が路面電車の運営に乗り出して100年目に当たるそうだ。
そこで今は一路線しか残っていない都電にスポットを強く当てた、この特集となったようだ。

まず表紙を見ておやっと思った。
ずいぶん昔と思われる京急の車両の写真だが、「快特」の表示がある。
昭和43年のものとわかった。
この頃から京急は快特を走らせていたのか、知らなかった。

対談や寄稿しているメンバーがなかなか豪華だ。
山田太一と川本三郎の対談は、腰を落ち着けてじっくりと読み直そうと思っている。
山田太一が鉄道好きとわかっただけでもなんかうれしい。
ほかにも、酒井順子や原武史といったいわば定番だけでなく、村上もとかや秋本治といった漫画家も寄稿している。
まあ秋本治は京成線っぽいイメージを持っているが。
 
今尾恵介の文による『路線図で旅する対象・昭和の東京。』も面白かったが、一番強く印象に残っているのは『短歌とカメラ 都電時間旅行』だ。
文・短歌は歌人の桝野浩一、写真は写真家の丸田祥三によるもの。
ここで二人には将棋という接点があることを知る。
桝野の息子は今将棋に夢中とのこと。
それで南Q太は「ひらけ駒!」を書いているのかと納得する。
またパッと丸田祥三と見て一瞬将棋指しと思われた方もいるのではないか。
それは丸田祐三九段だが、丸田祥三のお父上とのこと、驚き。

今回の特集は鉄の中でも車両鉄の方に強く勧めたい特集だ。
楽しみはしたけれど、私にとっては絶好球ではなかったなあ。
posted by s-crew at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レンタサイクルに1件追加

日曜日のプレミアイースト流経大柏対エスパルスユースの試合は流経大柏グラウンドで行われた。四試合の前は、このグラウンドまではバスで行くことになるのかなと思っていた。
その後、ちょっと調べてみたら柏の葉キャンパス駅で自転車を借りられることがわかった。
これは利用しなくては。
実際に使って往復したのだった。

レンタサイクルの運営は柏市交通施設課。
朝6時から夜10時までやっているのがありがたい。
ただ、係の人と話したときに8時で人がいなくなるから、なんてことを言っていた。
係の人がいなくなるなんて、ちょっと阿字ヶ浦駅のことを思い出してしまった。

料金が一律200円と安いのがうれしい。
これならバスで往復するより安いので、それだけで利用価値があるといえるのではないか。

難をいえば、受付の場所がわかりにくい。
駅第1駐輪場が受け付け場所なのだが、特に駅に案内があるわけでもなさそうだった。
線路の高架下をつくば方面に向かったところにあるのだが、初めての人は見つけるのに苦労するのではないか。
私はなぜかすぐに見つけられた。
安全な嗅覚が働いたみたい。

使っておいて言うのも変な話だが、このレンタサイクル、どのくらい需要があるのだろうか。
柏の葉競技場へは、歩いていける距離だと思うし。
特に近くに観光施設があるわけでもないのに、誰が使うのだろう?

来年またプレミアイーストの試合が流経大柏グラウンドで行われることがあれば、このレンタサイクルを使うこともあるかもしれない。
どうか、この料金で続けていただきたいと思う。
なくなるなんてことはないですよね?
posted by s-crew at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | いくつ制覇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

当たりまくったGK飯倉

流経大柏グラウンドから柏の葉キャンパス駅まで自転車で戻った。
つくばエクスプレス、京浜東北線、横浜線と乗り継ぎ新横浜駅へ。
途中コンビニによって日産スタジアムの中に入ったのは5時半過ぎ。
はしご観戦第2試合は横浜F・マリノス対川崎フロンターレというカード。
このオフ、両チーム間で選手の行き来があり、ちょっと因縁めいたカードとなった。

試合結果から記せば、ご存知の方も多いと思うが2−1でホームのマリノスが勝利した。
正直第三者的にてみても、というか見たからなのかもしれないが、なかなか面白い試合だった。
こういった試合が専用スタジアムで見ることができたら、と思った。

前半、ボールを支配したのはフロンターレ。
マリノスも大黒の裏への飛び出しで決定機を作り、対抗する。
試合はCKで動く。
フロンターレボールのCKのクリアボール(?)が柴崎の足元へ、柴崎がシュートをうつと、ポスト・GK飯倉に続けて当たってゴールに。
最初は柴崎のゴールになっていたが、その後オウンゴールに訂正されていた。

このままフロンターレペースで試合を続くかと思われたが、栗原からのロングフィードが大黒に渡り、右足一閃ボールはゴールネットを揺らす。
マリノス同点。

後半頭からフロンターレはDF井川に替えて實藤、井川では大黒を抑えられないと見たか。
後半もどちらかといえばフロンターレペースと映ったが、マリノスは途中出場の渡辺千真が大仕事。
まさにゴラッソと呼ぶにふさわしいシュートがネットに突き刺さる。
喜びのあまりイエロー承知でユニを脱いでしまう渡辺千真。

フロンターレも、残り15分の男小林悠投入し、同点に追いつこうとする。
だがこの日のマリノスには飯倉がいた。
当たりに当たっていて、かつポストまで味方につけていた。
フロンターレの反撃も実らずそのままタイムアップ。

試合内容とは関係ないが、フロンターレボールのスローインのときには、マリノスサポから大ブーイングが起こった。
これだけブーイングの回数が多い試合はあまり記憶にない。

東京をまたいで、千葉と神奈川ではしご観戦。
我ながらよくやるよと思うが、実は同じことをやっている人がもう一人いる。
2試合ともいっしょに観戦した(グラウンドからスタジアムまでの移動は別だったが)。
日産スタへは、この方が誘ってくれなかったら行っていなかった可能性が大。
その意味でこの方には感謝している。
またよろしくお願いします。

先制点をあげるも束の間

日曜日ははしご観戦をした。
1試合目は再開したプレミアイーストの試合、流通経済大学付属柏(以下流経大柏)対エスパルスユース(以下エスパルス)。
開場は流経大柏グラウンド、人工芝の専用グラウンド。
ネットで仕切られていて、外にベンチが置いてある。
私が着いたときにはベンチは埋まっていたが、フッチの中学生だろうか、座っているのに飽きてどこかに行ってしまったおかげで、座って観戦することができた。
ただ、すぐ前に照明塔があり、一部見えにくいところがあった。

試合は3−1で流経大柏が勝利を収めた。
部活サッカーには相性がいいと思っていたので、アウェイを加味しても負けないのではないかと期待していたのだが、残念な結果となってしまった。

試合はどちらかといえば流経大柏ペースで進んでいた。
GK瀧川の好セーブや、キャプテン犬飼の間一髪のクリアなどで前半は相手に得点を許さなかった。
攻撃は犬飼からのフィードからチャンスが生まれることがあったが、中盤は相手のプレッシャーが早く、いい形でボールを持つことは少なかった。
そんな中、右SHの加賀美は積極的に仕掛けていた。
石毛の活躍に一番刺激を受けているのが加賀美ではないかと思う。
加賀美が点を取ればこの試合勝てると、前半がおわったときにそう思っていた。

後半その加賀美が期待通りに点を取る。
DFの裏に抜け出した柏瀬がシュート、ポストに当たって跳ね返るところを流経大柏ディフェンダーが蹴りだそうとしたが、加賀美がチャージしてボールはゴールの中へ。
この試合もらった、と私は思った。
だが、逆にCKからノーマークでヘディングシュートを決められ同点に追いつかれる。
流れは完全に流経大柏へ。
途中出場のFWにゴールを決められ逆転。
最後は犬飼をトップに上げてパワープレーに出るも、ロスタイムに痛恨の3失点目を喫し万事休す。
最後は全体的に運動量が落ちていたかもしれない。

今年から始まったユース年代のプレミアリーグの特徴として、ホーム&アウェイで試合が行われるということが挙げられる。
この日はアウェイで戦うことの難しさをかなり感じたのではないかと思う。
ホームではリベンジしてほしい。

蛇足ながら流経大柏の8番宮本は、昨年からのレギュラーで個人的に注目している選手。
U−18日本代表にも選ばれている。
試合当初はFWだったが、後半途中にボランチに下がり、最後はまたトップに上がってチームの3点目を決めた。
こういった選手を追うのも、この年代の試合を見る楽しみの一つだ。

2011年07月04日

2試合続けての無失点も

土曜日にアウスタ日本平で行われたエスパルス対アントラーズの試合は、0−0とスコアレスドローという結果となった。
いろんな意味で“かたい”ゲームだったなというのが試合後の印象だ。

ボランチが平岡と大輔の二人で、CBのところも含めて中央はしっかりと固めていた。
ディフェンス面では功を奏していたといえそうだが、攻撃の組み立ての点ではうまくいっていなかった。
イワシからタカへのロングフィードが目立つことになった。
もっとシンジが活きる形を増やしたいところ。
ただ、このところ連戦続きだったせいか、そのシンジの出来もけっして良くはなかったが。

攻撃の形であまり作れなかったからかシュート数が非常に少なかった。
ただ、打てるのにシュートを打たないという場面も何回かあったように見受けられる。
多少強引に映ろうと、シュートで終わるのなら納得は出来るのだが。

強引にも映るシュートといえば俊幸の名前があがるところだが、かなり研究されてきているように感じられた。
今がJ1の壁に当たっているところなのかもしれない。
周囲の選手と活かし活かされる関係になって、打開してほしいと思う。

よかった選手を挙げるのならGKの健平の名前がまず出てくるだろう。
無失点に大きく貢献した選手といえる。
よく目にするのが、至近距離からの例えばヘディングシュートが健平の正面をつく場面。
偶然というより、ポジショニングがいいということではないかと思う。

ベガルタ戦こそ勝ったものの、ホームでなかなかいいサッカーが出来ていない。
もっとも私が見られなかったフロンターレ戦の前半の後半はかなりイケイケだったらしいけれど。
思わず歓声が上がる、そんな場面が多く見られるゲームを見せてほしいものだと思う。
posted by s-crew at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

鉄学者は今日もホームで

「鉄道ひとつばなし3」 原武史 著 講談社現代新書 読了。

5月30日から読み始め、6月7日に読み終わっている。

4年に1度のお楽しみといえば、一般的にはワールドカップだったりオリンピックだったりするのだろう。
だが読み鉄なら、「鉄道ひとつばなし」が読めることと答えるかもしれない。
「鉄道ひとつばなし」が刊行されたのは2003年、「2」が2007年、そして今年「3」が刊行された。

以前にも書いたが、このシリーズはもともと講談社のPR誌『本』に毎月連載されているものを加筆修正し、テーマごとに構成しなおしたもの。
連載はすでに15年に及んでいる。
よくもまあネタは尽きないものだと思うかもしれないが、そこは蛇の道は蛇というか、鉄の道は鉄道というか、本人も自ら鉄学者と自称するようになった鉄道好き、過去の思い出であったり、新しくできた施設に足を運んだりして、これならまだまだネタは尽きそうも無いと思わせる。
ちなみに著者は日本の政治思想史が専門の大学教授が本業。
鉄学者という自称はそこから来ているはず。

全部で9章からなるが、今回一番印象に残っているのは第5章の『文化としての鉄道』の章。
その中でも特に「鉄道博物館を見学して」の項の『何だかバカにされているみたいだな。』というつぶやきが、強く胸に残っている。

第4章「鉄道から読む・鉄道で遊ぶ」も著者らしさがよく出ている。
「駅名が人名になる」では東葉高速鉄道の飯山満駅が出てくる。
飯山満と書いてはさまと読む。
いいやまみつるで変換したら一発で変換されたが、はさまで変換したら迫が最初だった。
ここで私が連想するのは、埼玉高速鉄道の戸塚安行駅だ。
この字を書いて、とつかやすゆきさんていそうだなと、この鉄道に乗るたびに思っていた。

硬軟織り交ぜ、鉄道の過去現在未来を自在に語る。
「4」の刊行は、やはり4年後だろうか。
だとしたら、待ちきれないなと思う。
posted by s-crew at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

まずメモ書きから始めた

「仕事をためこまない人になる5つの習慣」 佐々木正悟 著 青春出版社 読了。

メモを見ると5月23日に読み始め、5月29日に読み終わっている。
ひと月以上ためている…

ブログに書くことに限らず、自分のことを、いろんなことをすぐためこんでしまう性格だと思っている。
もちろん仕事もすぐためこむ。
この本を読んで、ただいま改善中だ。

5つの習慣は各章の題名になっているので、そのまま列記してみる。
 第1章 面白いように仕事が流れはじめる脳と心の習慣
 第2章 心と自由に余裕を生む書類整理の習慣
 第3章 残業がなくなる「やることリスト」の習慣
 第4章 受信トレイがゼロになるメール整理の習慣
 第5章 経験が“宝”に変わるメモの習慣
第1章で全体に通じる心構えについて説明し、それ以降の章が、第1章を受けての仕事術を説明しているという構成になっている。

最後の章だからだろうか、第5章からはかなり影響を受けて実行していると思っている。
以前“伝説のノート”の本でブログを書いたことがあった。
そのとき以来、ほぼ毎日メモを書くようになった。
ちなみに6月30日で138日経過していた。
ある本をいつ読み始めていつ読み終えたかはそのノートを見て書いている。
ブログは別にしても、メモ書きを習慣としたことで、意識の変化もちょっと前から見られるようになったのではないかと思っている。
ただ、メモは読み返してこそ意味があるので、きれいな字で書くべしとある。
この点を守れていないのが残念なところ。

仕事も、ブログに書くことも、ためこまないようにしようと強く思ったのでした。
posted by s-crew at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。