2011年07月04日

2試合続けての無失点も

土曜日にアウスタ日本平で行われたエスパルス対アントラーズの試合は、0−0とスコアレスドローという結果となった。
いろんな意味で“かたい”ゲームだったなというのが試合後の印象だ。

ボランチが平岡と大輔の二人で、CBのところも含めて中央はしっかりと固めていた。
ディフェンス面では功を奏していたといえそうだが、攻撃の組み立ての点ではうまくいっていなかった。
イワシからタカへのロングフィードが目立つことになった。
もっとシンジが活きる形を増やしたいところ。
ただ、このところ連戦続きだったせいか、そのシンジの出来もけっして良くはなかったが。

攻撃の形であまり作れなかったからかシュート数が非常に少なかった。
ただ、打てるのにシュートを打たないという場面も何回かあったように見受けられる。
多少強引に映ろうと、シュートで終わるのなら納得は出来るのだが。

強引にも映るシュートといえば俊幸の名前があがるところだが、かなり研究されてきているように感じられた。
今がJ1の壁に当たっているところなのかもしれない。
周囲の選手と活かし活かされる関係になって、打開してほしいと思う。

よかった選手を挙げるのならGKの健平の名前がまず出てくるだろう。
無失点に大きく貢献した選手といえる。
よく目にするのが、至近距離からの例えばヘディングシュートが健平の正面をつく場面。
偶然というより、ポジショニングがいいということではないかと思う。

ベガルタ戦こそ勝ったものの、ホームでなかなかいいサッカーが出来ていない。
もっとも私が見られなかったフロンターレ戦の前半の後半はかなりイケイケだったらしいけれど。
思わず歓声が上がる、そんな場面が多く見られるゲームを見せてほしいものだと思う。
posted by s-crew at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。