2011年07月05日

当たりまくったGK飯倉

流経大柏グラウンドから柏の葉キャンパス駅まで自転車で戻った。
つくばエクスプレス、京浜東北線、横浜線と乗り継ぎ新横浜駅へ。
途中コンビニによって日産スタジアムの中に入ったのは5時半過ぎ。
はしご観戦第2試合は横浜F・マリノス対川崎フロンターレというカード。
このオフ、両チーム間で選手の行き来があり、ちょっと因縁めいたカードとなった。

試合結果から記せば、ご存知の方も多いと思うが2−1でホームのマリノスが勝利した。
正直第三者的にてみても、というか見たからなのかもしれないが、なかなか面白い試合だった。
こういった試合が専用スタジアムで見ることができたら、と思った。

前半、ボールを支配したのはフロンターレ。
マリノスも大黒の裏への飛び出しで決定機を作り、対抗する。
試合はCKで動く。
フロンターレボールのCKのクリアボール(?)が柴崎の足元へ、柴崎がシュートをうつと、ポスト・GK飯倉に続けて当たってゴールに。
最初は柴崎のゴールになっていたが、その後オウンゴールに訂正されていた。

このままフロンターレペースで試合を続くかと思われたが、栗原からのロングフィードが大黒に渡り、右足一閃ボールはゴールネットを揺らす。
マリノス同点。

後半頭からフロンターレはDF井川に替えて實藤、井川では大黒を抑えられないと見たか。
後半もどちらかといえばフロンターレペースと映ったが、マリノスは途中出場の渡辺千真が大仕事。
まさにゴラッソと呼ぶにふさわしいシュートがネットに突き刺さる。
喜びのあまりイエロー承知でユニを脱いでしまう渡辺千真。

フロンターレも、残り15分の男小林悠投入し、同点に追いつこうとする。
だがこの日のマリノスには飯倉がいた。
当たりに当たっていて、かつポストまで味方につけていた。
フロンターレの反撃も実らずそのままタイムアップ。

試合内容とは関係ないが、フロンターレボールのスローインのときには、マリノスサポから大ブーイングが起こった。
これだけブーイングの回数が多い試合はあまり記憶にない。

東京をまたいで、千葉と神奈川ではしご観戦。
我ながらよくやるよと思うが、実は同じことをやっている人がもう一人いる。
2試合ともいっしょに観戦した(グラウンドからスタジアムまでの移動は別だったが)。
日産スタへは、この方が誘ってくれなかったら行っていなかった可能性が大。
その意味でこの方には感謝している。
またよろしくお願いします。

先制点をあげるも束の間

日曜日ははしご観戦をした。
1試合目は再開したプレミアイーストの試合、流通経済大学付属柏(以下流経大柏)対エスパルスユース(以下エスパルス)。
開場は流経大柏グラウンド、人工芝の専用グラウンド。
ネットで仕切られていて、外にベンチが置いてある。
私が着いたときにはベンチは埋まっていたが、フッチの中学生だろうか、座っているのに飽きてどこかに行ってしまったおかげで、座って観戦することができた。
ただ、すぐ前に照明塔があり、一部見えにくいところがあった。

試合は3−1で流経大柏が勝利を収めた。
部活サッカーには相性がいいと思っていたので、アウェイを加味しても負けないのではないかと期待していたのだが、残念な結果となってしまった。

試合はどちらかといえば流経大柏ペースで進んでいた。
GK瀧川の好セーブや、キャプテン犬飼の間一髪のクリアなどで前半は相手に得点を許さなかった。
攻撃は犬飼からのフィードからチャンスが生まれることがあったが、中盤は相手のプレッシャーが早く、いい形でボールを持つことは少なかった。
そんな中、右SHの加賀美は積極的に仕掛けていた。
石毛の活躍に一番刺激を受けているのが加賀美ではないかと思う。
加賀美が点を取ればこの試合勝てると、前半がおわったときにそう思っていた。

後半その加賀美が期待通りに点を取る。
DFの裏に抜け出した柏瀬がシュート、ポストに当たって跳ね返るところを流経大柏ディフェンダーが蹴りだそうとしたが、加賀美がチャージしてボールはゴールの中へ。
この試合もらった、と私は思った。
だが、逆にCKからノーマークでヘディングシュートを決められ同点に追いつかれる。
流れは完全に流経大柏へ。
途中出場のFWにゴールを決められ逆転。
最後は犬飼をトップに上げてパワープレーに出るも、ロスタイムに痛恨の3失点目を喫し万事休す。
最後は全体的に運動量が落ちていたかもしれない。

今年から始まったユース年代のプレミアリーグの特徴として、ホーム&アウェイで試合が行われるということが挙げられる。
この日はアウェイで戦うことの難しさをかなり感じたのではないかと思う。
ホームではリベンジしてほしい。

蛇足ながら流経大柏の8番宮本は、昨年からのレギュラーで個人的に注目している選手。
U−18日本代表にも選ばれている。
試合当初はFWだったが、後半途中にボランチに下がり、最後はまたトップに上がってチームの3点目を決めた。
こういった選手を追うのも、この年代の試合を見る楽しみの一つだ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。