2011年07月14日

収穫もあったスコアレス

水曜日の試合をまるまる90分見るのは久しぶりだった気がする。
最近は前半ロスタイムから見ることが多かったから。
昨日は午後半休が取れたので、JR東日本パスを使って午後だけで東京仙台間を往復し、ベガルタ対エスパルスの試合に行ってきた。

90分間ゴールは見られずスコアレスドローという結果だった。
アウェイだけに相手に得点を許さなかったということはよかったのではないか。

この日のフォーメーションは4−2−3−1(というより4−2−1−3といったほうが正しいか)。
ボランチを2枚にしたときは、内容があまりよくない試合が多かった印象がある。
だが、この日はなかなかよかったように思った。
トップ下のシンジが、3列目まで下がってボールを貰いに来たかと思えば、エダが最前線まで飛び出したり。
流動的な動きが多く見られたことがいい印象に繋がっている。
また、エダと真希のコンビということもよく見えた原因かもしれない。
ジュニアユースのときからのコンビだもんな。

0に抑えたのだからあとは点を取ること。
ここ数試合同様、シュート数が少ないと思っていた。
ところが、公式記録を見ると11本と二桁に乗っていた。
意外とシュートを打っていたのね。
でも決定機は、FKからのボスナーのヘディングシュートくらいか。
まあベガルタは現時点でJ1最少失点のチーム、スペースが見つからないなと観客席から見て思っていた。
やはりこういうときはセットプレーの重要度が高くなる。
できればCKからの得点を早く見たい。

次の試合は中二日ホームアウスタでアルビレックス戦だ。
ホームだけに得点シーンを多く見たいと思う。
posted by s-crew at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。