2011年07月15日

静かに着実に伝わる傑作

「音もなく少女は」 ボストン・テラン著 田口俊樹 訳 文春文庫 読了。

6月13日から読み始め、6月20日に読み終える。

傑作だ。
ミステリというのにはちょっと無理がある。
犯罪小説とも言いがたい。
それでもエンターテインメントとして読んで面白かったと文句なく言える。

ニューヨークの治安の悪い地区ブロンクス、この地区に暮らす耳の聞こえない少女イヴ・レオーネをヒロインの物語。
暴力を振るう父、虐げられても抵抗しない母。
そんな環境でも成長していくイヴ。

小道具と言っていいのか、イヴがカメラに興味を持つ場面が出てくる。
自己表現するのが難しい少女が、写真という言ってみれば武器を手に入れる。
うまいなあと思いながら読み進めた。

内容をほとんど忘れてしまったわけではない。
ただ思い出されるのは、面白いとか傑作とか陳腐に聞こえる言葉ばかり。
そこで私の言葉ではなく、腰巻にある推薦の言葉や解説者の言葉を引用したい。
まずは作家江國香織の推薦の言葉。
『読み始めてすぐに時間を忘れます。
 思うさまひきこまれ、読み終ると陰影の深い余韻が残ります。
 そして、感情が鍛えられます。』

続いて文芸評論家・北上次郎による解説から。
『本書は、男の力を借りずに私たちは生きていく、と宣言する女性たちの物語である。(略)
 いい小説だ。胸に残る小説だ。』

これらの文で、いかに傑作であるかがわかってもらえればと思う。
posted by s-crew at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。