2011年08月01日

田坂トリニータを初観戦

広島へは行ったのだが、特に観光をすることもなく、雑用があることもあり東京へ帰ってきた。 
雑用をこなして、さてこれからどうしようと思ったとき、3つの選択肢があった。
味スタ、フクアリ、ニッパツ。
この日は疲れが残っていたこともあり、一番近場の味スタに決めた。
東京ヴェルディ対大分トリニータの一戦だ。

トリニータの試合を見るのは今季初となる。
このところ3バックを採用し、かなり良い内容の試合が出来ていると聞いていた。

キックオフ直前に着き、トリニータ側のゴール裏に座る。
やはり田坂の監督振りが気になる。

試合が始まってすぐ、選手たちが次々に足を滑らすのを目の当たりにする。
これはミスしないことが大事になるなと思うと同時に、スパイクを履きかえるなど試合の始まる前に対応は出来なかったのだろうかとも思った。
と、ミスとは関係無しにトリニータに左WBチェの豪快なミドルシュートが決まる。
これだけで元は取ったと思わせる見事なシュートだった。

ヴェルディの反撃はカウンター、右サイドを河野がドリブルで駆け上がり、マーカーを交わしてクロスを入れると、待ってたマラニョンがダイレクトで押し込み、ヴェルディ同点に追いつく。
ここではピッチコンディションが多少影響したかもしれない。
前半はこのまま1−1で終了、試合時間が短く感じられる良い戦いだった。

後半はどちらも攻めあぐねたように思えた。
どちらかといえばトリニータのほうが積極的だったか。
決勝点はセットプレーから。
トリニータ右からFKを前田が低空のヘディングシュート、これがゴール左隅に決まる。
ロスタイムも含めてトリニータが残りの時間を凌ぎきって勝利を収める。
ロスタイムが始まる頃、トリニータサポーターが徐々にビジター席の最前列に移動するのを、面白い光景だなと思ってみていた。
以前からこういったことをやっていたっけかなあ。

昨日の今日というか、一昨日の昨日というか、ともかくエスパルスの翌日の試合だったので、あまり深く考えずに、単純に観戦を楽しもうというスタンスで見ていた。
いろいろな得点シーンを見ることが出来、楽しめた試合だった。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。