2011年08月07日

悪い流れを断ち切りたい

なでしこリーグの試合が終わり、次はJ1の試合だ。
アルビレックス対エスパルス、結果から先に書いてしまうと4−0でアルビレックスの勝利。
エスパルスはリーグ戦に限っていえば、三試合連続同スコアで大敗を喫したことになる。
正直書くのもつらい。
だが試合は続く、思い出せる範囲で振り返ってみたい。

この日感じたのは、当たり前のことだが、よく研究されているということ。
まず最終ラインでのボール回しのときに、ボスナーにプレッシャーをかけてきた。
この日の1トップが高原でなかったこともあり、ボスナーからのロングボールはかなりの確率で相手ボールになってしまっていた。
前回のアウスタでの敗戦がアルビレックスにしてみたらかなり悔しかったのではないかと想像する。

選手個人を見ると、シンジが負けられない気持ちを前面に出してファイトしてくれてたのが頼もしかった。
若い選手も見習ってもらいたいと強く思った。

選手交代では、同じポジションの選手の入れ替えばかりだった。
ゴトビ監督になってからは初めてのような気がする。

それにしても得点が取れないのが悔しい。
試合終了後、ゴールコールをしたのも当然かもしれない。
3試合続けて、終盤はバランスを崩しても点を取りに行っている。
にもかかわらず点が入らない。
ちょっとこれは根が深い問題のように思う。

ただこれでアウェイ3連戦が終わって、やっと次はホーム試合をすることが出来る。
ホームの声援で後押しをしたい、しなければならないと思う。
相手は外弁慶のアルディージャだが、そんなこと関係なくホームで、今の悪い流れを断ち切ってほしいと思う。
posted by s-crew at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

澤の存在そのものが別格

昨日8日の東北電力ビッグスワンスタジアムでは、なでしこリーグの試合とJ1の試合が行われた。
アルビレックス対エスパルスの試合のチケットを購入したが、それだけでなでしこリーグの試合も見ることが出来たわけだ。
一粒で二度美味しいチケットだった。
というわけでまずは3時半キックオフのアルビレックス新潟レディース対INAC神戸レオネッサの試合から。

このカードは、勝ち点こそ離れているものの1位と2位の直接対決、全勝優勝を目指すと豪語するINACに対してどこまでアルビレックスが食らいつくかが見所ではないかと思っていた。
二週間前にINAC対ジェフレディースの試合を見たときには、正直かなりレベルに差があるなと感じたので、もしかしたらこの試合もINACの一方的な試合になるかという懸念も持っていた。
試合が始まると、アルビレックスの守備が堅く、これは日本代表7人を擁すINACといえどもあまり点は取れないだろうなと思った。

試合を動かしたのはやはり澤だった。
前半の40分過ぎ、セットプレーからの流れで澤がシュート、一旦はライン際で阻止されるものの、跳ね返ったボールを再度澤が押し込む。

対してアルビレックス、攻め手がなかなかないかと思っていたのだが、後半CKから同点に追いつく。
ゾーンで守るINACをあざ笑うかのように、ペナルティエリアの外からアルビレックスの選手が左足を降りぬく。
ボールは鮮やかな軌跡を伴ってゴールマウスへ、これは日本代表正GK海堀も取れない。
最初は誰が決めたのかわからなかった。
あとで日本代表の上尾野辺と聞いて納得。
良いシュートだった。

だがこれで終わらせないのが澤の凄さか。
ゴール正面やや右からのINACのFK、壁に当たったボールは吸い寄せられるかのように澤の元へ。
ループ気味のシュートが決まってINAC勝ち越し。
そのままゲームを支配し、タイムアップ。
INACが初めて勝ち点を落とすかと思ったが、しっかりと全勝を守った。

観客動員数についても書いておかなければ。
この試合がメインではないエスパルスサポーターもかなりカウントされたこともあり、なでしこリーグ最多の入場者数をまた更新した。
この日の試合だったらリピーターも発生するのではないかと思った。

安打が集中して逆転勝利

今日というか8月6日は長い一日だった。
まずは朝の9時から草野球。
新潟遠征(最初に厭世と変換されたのは偶然ではないかもしれない)の前だというのに何をやってるんだという気もしたが、草野球も好きなんだから仕方ない。
場所は浮間公園、家から新潟へ向かう途中といえば途中である。

相手のチーム名は忘れてしまったが、平均年齢がいつものことながらわがチームより明らかに若い。
私は1番センターで出場。
第一打席はあえなく三振。
第二打席はサードゴロエラーで出塁。
第三打席は左中間への良い当たり、センターに追いつかれるがボールを弾いて記録は安打にしてもらった。
結局三打数一安打一得点一三振という結果。

試合はというと1点を先攻されるが、6回の私の安打をきっかけに集中打で四得点、鮮やかな逆転劇となって4−1で勝利。
しかしこのイニングだけヒットが4本集中してるんだなあ。
ほかのイニングはほぼ完璧に抑えられていて、残塁数は2。
9番バッターは2回しか打席が回ってこなかったとぼやいていた。

草野球でありがちな四球の乱発や凡ミスがなく、しまった良い試合だったと終わったあとに審判の人がおっしゃっていた。

そうそうこの試合は守備機会も多かった。
最初の右中間の当たりを好捕(自分で言っちゃった)したのをはじめ4捕殺。
そのほかヒットの処理も2機会と、外野にしては守備機会の多かった日だった。

この時点では、いい一日になりそうな予感がしていたのだが。
タグ:草野球
posted by s-crew at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。