2011年08月26日

今さらこっそり更新する

いやあ、なんかブログを更新する気になれずにいた。
夏バテという訳ではないのだが。
それでも今日になって更新する気になったので、今さらではあるが、先週土曜日に行われたエスパルス対セレッソ戦について書いてみる。
水曜日にはモンテディオ戦があったというのに、なんとも遅れた観戦記だ。

結果は3−3の引き分け。
前半が終わったところで1−0とリード。
相手がチャンスを逃し続けてくれたので、これは勝つ流れだと思った。
ところが播戸にしてやられた。
PKに始まり、ニアのヘッド、GKを交わして右足と、憎らしいくらいの点の取られ方だった。

リードを許したエスパルスも俊幸のJ1リーグ初ゴール、さらにタカのダイビングヘッドで2度追いつく執念を見せる。
岩手県山田町の中高校生もタカのゴールが見られてよかったのではないか。

さらにロスタイムにもチャンスがあったが、決めきれずタイムアップ、勝ち点1を分け合う形となった。

この日決まった6ゴールのうち5ゴールが79年組みによるもの。
世界を知るベテランはいまだ健在と言ったところか。
唯一若手でゴールを奪ったのが俊幸、これは俊幸覚醒のきっかけになるゴールになるのではないかと期待した、このときは。
ところが、そのあと風邪をひいてしまったそうで勢いに乗ることは出来なかった、残念。

火曜日に下書きを書いたときには、この日の引き分けを意味のあるものにするためにモンテディオ戦は、勢いの出るような試合を見せてほしいと書こうと思っていた。
ところがモンテディオ戦は引き分け。
試合のあった日は体調が悪くプロントに行くことを自重したので試合結果しか知らない。
こうなると明日が肝心ということになるが、タカが怪我で出られない。
中盤の選手の運動量と質に期待したいと思う。
posted by s-crew at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。