2011年09月06日

開幕戦のリベンジを遂行

日曜日はアウスタでプレミアイースト、エスパルスユース対レッズユースの試合を見てきた。
このカード開幕戦で一度行われている。
そのときは、前半はスコアレスで折り返したものの、後半だけで4失点を喫し、この先どうなることかと不安になったものだった。
だがその後はホームで不敗など、立て直したエスパルスユース。
この試合は、いわば後期の開幕戦ともいえる位置づけになる。
レッズユースにリベンジを果たしたいところだ。

この日のアウスタは大雨が降ったかと思えば小雨になったりと、集中しづらい環境だったように思う。
だからこそホームの地の利を活かしてほしいと思っていた。
また将来的にはこのスタジアムでトップの試合に出るのが選手たちの目標のはず、その感触を得られればとも思った。

この日のエスパルスユースの先発メンバーの登録されたポジションで見ると、DF2人・MF4人・FW4人だった。
いつかの横浜FCかよっと一人で突っ込んでいた。

試合は丁寧にパスを繋ぐレッズユースのペースで進んだように思う。
だが崩しきられるところまでは行かず、前半はおとなしく0−0で終了。
FW登録ながらアンカーだった藤崎がいまひとつの出来だったように思う。
ただ、藤崎は身体能力が高いのでこのポジションがはまれば、かなり面白いチームになると思った。

後半、その藤崎に替えて伊東渉が入ったあたりからエスパルスユースのバランスがよくなったように思った。
するとCK後の混戦から最後は加賀美の左足シュートが決まりエスパルスユース先制、私は思わず立ち上がってガッツポーズをしてしまった。
さらにその2分後、中盤でボールを持った石毛が迷うことなく右足を降りぬくとボールはゴールへ、エスパルスユース2点目。
石毛のこのシュートへの意識の高さは素晴らしい。

その後は必死に反撃に出るレッズユースに押されるも、体を張ったディフェンスで1失点で食い止め、見事2−1で勝利、後半戦好発進となった。

プレミアイーストは3位から9位までが僅差の中でひしめき合っている。
上位進出の目もあるし、降格の危険性もある。
大榎監督の腕の見せ所だ。
チームの上位進出、さらに個々の選手のトップ昇格の報があればと思う。

2011年09月04日

逆転サヨナラ負けを喫す

昨日は朝からやきもきさせられた。
5時から草野球をする予定が入っていたのだが、やるのか中止なのか連絡がない。
いつもなら前日に確認のメールが来るのだが、それがなく、どうなるのやらと思っていたら、昼前にやっとやりますとメールが来た。

グラウンドは大田区の平和島運動公園、4面あるのだが、5時からの使用はうちらの試合だけだった。
ホームからレフト方向へ強風が吹いていた。

私は1番ショートで出場。

試合は、2回の表に3点を先制したわがチームが優位に試合を進め、4回を終わったところで6対2とリード。
ところがここからじりじりと追い上げられ、6回を終わったところで6対5と1点差まで追い上げれてしまっていた。
7回の表も無得点で、その裏を迎える。

先頭打者のあたりはセカンドベース後方の小飛球、私が追いつくも痛恨の落球。
その後クリーンヒットこそ許さなかったが、内野安打やポテンヒットなどが重なり、逆転サヨナラ負けを喫す。
重ねて痛恨の極み。

守備でもへまをしてしまったが、打つほうも3打数ノーヒットと沈黙。
まあこれは打てるボールがこなかったからとさばさばした気分でいる。
やっぱり課題は守備だったな。
落球以外にもスローイングミスが2度あった。

試合後、平和島駅前の飲み屋で反省会。
2週間後に、毎年行われている草野球のカップ戦があるので、それにむけて、なかなか激しい議論が展開された。
今日の試合を反省材料に、2週間後にいい成績をチームも私も残せるようにしたいものだと思った。
タグ:草野球
posted by s-crew at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

事件の解決は噺のあとで

「道具屋殺人事件」 愛川晶 著 創元推理文庫 読了。

7月21日に読み始め、7月26日に読み終えている。
今日はもう9月だというのに。

落語の世界を舞台にしたミステリ、中篇3篇からなる。
今まで噺家が探偵役というミステリなら読んだことがあるが、ここまで落語の世界を描いたミステリは読んだことがない。
語り部は、落語家・寿笑亭福の助の女房・亮子。
ここは妻とはいわず女房とあえて書きたいところ。
福の助と、かつての福の助の師匠・山桜亭馬春が探偵役といえようか。
馬春は脳血栓の後遺症で言葉が出ないという設定がミソ。
房総半島は館山で、福の助夫婦からの話を聞くと、ボードに短い言葉を書いてヒントを与える。
アームチェア探偵振りが楽しい。

すべての事件が、福の助の舞台での噺を経て解決される。
まさに落語ミステリだ。

こういったミステリを足がかりに落語への関心を高めるのも悪くないと思う。
この小説は、いい入門書の役割も果たしそうだ。

ところでこの本の著者だが、実は読む前は女性だと思っていた。
今までの作品は、美少女本格ミステリーが多かったとのこと。
そのあたりの先入観とペンネームがあいまって、女性と思い込んでしまったようだ。

この作品が好評を博したため、シリーズ化されている。
読後感がよかったので、次の作品も近日中に読む予定だ。
というわけでやはりこの言葉で締めよう。
おあとがよろしいようで。
posted by s-crew at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

続けるように努力します

「いつも三日坊主のあなたが続ける人になる50の方法」 佐々木正悟 著 中経出版 読了。

7月18日から読み始め、7月22日に読み終わっている。
比較的短期間で読み終えたのは、本を面白く読んだからではない。
単に一日に方法を10ずつ読んでいったからだ。
もちろん、まったく面白くなかったわけではない。
面白くないのなら途中で読むのを放棄する。
ただ、今まで読んできた著者の本の中では一番心に訴えてこなかったような気がする。

1年以上前に、同じ著者の「いつも先送りするあなたがすぐやる人になる50の方法」という本を読み、このブログでも取り上げた。
今回読み終えた本は、いわばその続編ともいうべき位置にある。
そうか、先送りしたままだからその続編を読んでも心にあまり響かなかったのかもしれないという気がしてきた。

それでもこのブログは何とか続けて行きたいと思っている。
8月はあまり更新しなかったが、この本を取り上げる順番になったのもなにかの巡りあわせということで、あらためてブログの更新に努めたいと書いておく。
続けることでほかのことにもいい影響が出ることを期待したい。
posted by s-crew at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。