2011年09月06日

開幕戦のリベンジを遂行

日曜日はアウスタでプレミアイースト、エスパルスユース対レッズユースの試合を見てきた。
このカード開幕戦で一度行われている。
そのときは、前半はスコアレスで折り返したものの、後半だけで4失点を喫し、この先どうなることかと不安になったものだった。
だがその後はホームで不敗など、立て直したエスパルスユース。
この試合は、いわば後期の開幕戦ともいえる位置づけになる。
レッズユースにリベンジを果たしたいところだ。

この日のアウスタは大雨が降ったかと思えば小雨になったりと、集中しづらい環境だったように思う。
だからこそホームの地の利を活かしてほしいと思っていた。
また将来的にはこのスタジアムでトップの試合に出るのが選手たちの目標のはず、その感触を得られればとも思った。

この日のエスパルスユースの先発メンバーの登録されたポジションで見ると、DF2人・MF4人・FW4人だった。
いつかの横浜FCかよっと一人で突っ込んでいた。

試合は丁寧にパスを繋ぐレッズユースのペースで進んだように思う。
だが崩しきられるところまでは行かず、前半はおとなしく0−0で終了。
FW登録ながらアンカーだった藤崎がいまひとつの出来だったように思う。
ただ、藤崎は身体能力が高いのでこのポジションがはまれば、かなり面白いチームになると思った。

後半、その藤崎に替えて伊東渉が入ったあたりからエスパルスユースのバランスがよくなったように思った。
するとCK後の混戦から最後は加賀美の左足シュートが決まりエスパルスユース先制、私は思わず立ち上がってガッツポーズをしてしまった。
さらにその2分後、中盤でボールを持った石毛が迷うことなく右足を降りぬくとボールはゴールへ、エスパルスユース2点目。
石毛のこのシュートへの意識の高さは素晴らしい。

その後は必死に反撃に出るレッズユースに押されるも、体を張ったディフェンスで1失点で食い止め、見事2−1で勝利、後半戦好発進となった。

プレミアイーストは3位から9位までが僅差の中でひしめき合っている。
上位進出の目もあるし、降格の危険性もある。
大榎監督の腕の見せ所だ。
チームの上位進出、さらに個々の選手のトップ昇格の報があればと思う。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。