2013年02月21日

「東京人」3月号から

雑誌「東京人」の3月号に興味をそそられた。
特集は「渋谷100年物語」、3月16日に地下鉄副都心線と東急東横線との直通運転が開始される。
それをそれを踏まえての特集ということだろう。

「東京人」は年に一度くらいのペースで鉄道の特集がある。
その号はいつも購入するが、狭い意味で鉄道以外の特集の号を買うのは私にしては珍しい。

渋谷といえば、私の学生時代に一番出かけた繁華街だった。
私は東急東横線沿線に住んでいた。
今から30年近く前のことになるか。
渋谷ヒカリエが出来るなど、街は変わっている。

街づくりに関心を持つようになったのは、学生時代からだ。
当時の国鉄への関心が、私鉄へも広がり、私鉄に関心を持つと都市開発や街づくりにも関心を持つようになった。
東急VS西武なんてな本も読んだ気がする。

雑誌の話に戻そう。
一番興味深く読んだ記事は「渋谷駅最下位はつとシブヤの未来予想図。」。
未来予想図が現況と異なるのは大きく言って2点、東横線のホームがなくなり、替わって埼京線のホームが山手線と並ぶ点。
もう1点は地下鉄銀座線のホームが東に移動している点。
現在の埼京線ホームはかなり南に位置し、乗換えが不便だ。
再開発後はかなり便利になることだろう。

渋谷駅はターミナル駅から広域鉄道ネットワークの拠点駅へと変わろうとしている。
3月16日は変化を確認するため、あえて地下鉄と東横線を使って横浜へ出て、それから平塚へ向かおうかと思っている。
posted by s-crew at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。