2013年03月27日

「車道走行」で街は快適に

「自転車が街を変える」 秋山岳志 著 集英社新書 読了。

この本のカバーに紹介文が載っていて、それが非常によくまとまっているので引用する。
「エコ、健康志向、低成長時代の価値観の変化、そして災害対応。これらの要因が合わさって、昨今、都市部を中心に自転車利用者・愛好者が急造している。一方で、クルマと自転車のみならず、自転車と歩行者の事故も頻発するなど様々な問題も発生しており、その対策は急務である。
本書は、自転車を社会インフラの中に位置づけ、自転車とクルマと歩行者が共存できる都市空間を構築するための方策を、国内やイギリスでの現地取材をまじえて多角的に論ずる」
まあ、そういう本です。

自転車は軽車両に分類されるため、車道を走らなければならない。
ところが何十年にもわたって自転車が歩道を走ることを容認されてきたので、歩道を走る自転車を見かけることが多い。
まずこの点を正しく認識するところから始まると思う。

断片的にいろいろな知識も吸収できた。
例えば静岡市の本通りに自転車専用レーンがあること。
実際に駿府マラソンを走って確認した。
また去年開催されたロンドンオリンピックでは、「五輪期間中は自転車が最速!」ポスターが貼りだされるほど自転車を奨励したとのこと、知らなかった。

著者は今年50歳になる。
水路・鉄道・自転車など「交通と社会」をテーマに取材・執筆活動を行うフリーライター。
水路はともかく鉄道も手の内となると、将来的にまたこのライターの著作を読むかもしれない。

この時代、もっと読まれてもよいと思った一冊だ。
posted by s-crew at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

横浜FC対岡山@ニッパツ

日曜日は二週間ぶりにまた三ツ沢へと出向いた。
横浜FC対ファジアーノ岡山のカード。
別に横浜FCをサポートしているわけではない。
ただ、専用スタジアムで見たいだけ。
だから時間が取れればまたアルウィンとかバードスタで見たいんだけど。
この週はフクアリでの試合がなかったのでニッパツへ向かったわけだ。
そしてアウェイゴール裏で観戦する。

試合はロスタイムのDF後藤のゴールで、アウェイのファジアーノが今季初勝利をあげる。
セットプレー崩れでもないのに、なんでDFがそこにいる?
さらにいえば、頭で繋いでアシストしたDFの植田もなんでそこにいるの?

後半のある時間帯からは総攻撃を仕掛けたファジアーノだったが、それまでは重心がかなり後ろだった。
前半はシュート0のはず。
後半1トップに荒田を投入してからやっとスイッチが切り替わった感じがした。
荒田は大学時代から気になっていた選手なだけに完全移籍先のファジアーノでレギュラーを張っているのを見てうれしく思う。
またやはり途中出場の石原は、ユース時代を知っているだけに、もっとかき回せ、と思った。

ほかにファジアーノで印象に残ったのはGKの中林。
ビッグアーチで好セービングを見せられたのを思い起こす。
http://orangev.seesaa.net/article/118564802.html

一方横浜FCは点が取れない。
これで3試合連続の無得点。
惜しいシュートは打っているのだが、ポストに嫌われたり、GKの好セーブにあったり。
もう少し前線でのコンビネーションを高める必要があるか。
1トップの田原が孤立する時間が長いように思った。

次にニッパツに来るときは、横浜FCの勝利を見ることが出来るかな?

2013年03月25日

静岡ダービーで完敗

土曜日に行われたナビスコカップ第2節、ジュビロ対エスパルスの試合、結果はご存知のとおり5−1でジュビロの勝利。
試合終了時、悔しさを通り越して言葉がなかった。
冷静に振り返るのは難しい。
蘇えるのは、ミスしたシーンばかり。

正直3バックの相手なら、もう少し攻勢に出られると期待していた。
ところがそうも行かない。
そのレベルの問題ではなくなってしまったのかもしれない。

どうすれば立ち直せるのだろう。
ともかくまた土曜日がやってくる。
立ち直りのきっかけだけでも見せてほしいと思う。
posted by s-crew at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

生きる痛みと悦びの物語

「ふがいない僕は空を見た」 窪美澄 著 新潮文庫 読了。

映画化されたので内容をざっくりとご存知の方もいるだろう。
主人公の高校1年生斉藤くんの視点からはじまる連作長編集。
全部で5編からなり、斉藤くんのあとは、斉藤くんと不倫関係を持つコスプレ好きな主婦、斉藤くんのことがすきな同級生、斉藤くんの幼なじみで同級生、斉藤くんの母親と続く。

そもそもは斉藤くんの視点の部分の「ミクマリ」でR−18文学賞大賞を受賞。
このR−18文学賞、あまりなじみのない文学賞だと思うが、書く人も女性、選ぶ人も女性という女による女のための文学賞。
受賞作を所収したこの「ふがいない僕は空を見た」で山本周五郎賞を受賞し、本屋大賞も2位に輝く。
このときの本屋大賞の1位は、個人的に組織票の疑いがあると思っているので、この小説が実質1位と勝手に思っている。

生と性の物語だ。
ときに痛く、ときに悦びにあふれる。
深く心に迫るものがある。

本来の対象は、R−18文学賞を受賞した作品もあることから、女性かと思う。
だが、解説で重松清が、この作家の愛読者になると書いているように、男性が読んでも鑑賞に堪えるものだと思う。
私も、この著者がどういった作品を発表していくか、注目していきたいと思っている。
posted by s-crew at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

収穫は八反田のゴール

今年も始まったナビスコカップ。
エスパルスの第1節の対戦相手は、昇格組のヴァンフォーレ、叩いておきたい相手だ。
だがエスパルスの調子があがっていない。
不安を抱えつつもアイスタへと足を向けた。

キックオフからしばらくはエスパルスペース。
そんな中、先制点が生まれる。
再度からのクロスにトップ下の八反田が詰める。
試合前のアップ時の練習にも似た展開。

だがそのあとがいけない。
どこかふわっとした感があった。
セットプレーからの二次攻撃で失点、単純にクリアしておけば何もなかったところ。
だからこそ悔やまれる。

後半、バレー・瀬沼と投入し、高さで勝負に出るが、結果が出ない。
点が動かず1−1でドロー。
湘南戦のあとに感じた、失望感にも似た感覚は覚えなかった。
だが、勝っておきたかった試合だとは思った。
一回勝てば、吹っ切れて軌道に乗れるのではないかと思うのだが。

次はジュビロが相手なだけに、他のチーム以上に勝ちたいという気持ちで臨むことだろう。
その気持ちがいいほうに出ることに期待したい。
posted by s-crew at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

時刻表の行間をも旅する

すでに発売してからひと月が経とうとしているので、遅きに逸した感もあるが、それでも取り上げておきたい。
2月21日に発売になった隔月刊誌「旅と鉄道」の増刊号、特集は『時刻表探検』。
これだけでも買うに十分だが、表紙は「時刻表」を“読む”宮脇俊三氏の写真。
「宮脇俊三没後10周年」の言葉もある。

宮脇俊三追想録という記事がある。
デビュー作「時刻表2万キロ」の最後を飾った足尾線(現わたらせ渓谷鐡道)や気仙沼線を辿っている。
わたらせ渓谷鐡道の終着駅間藤駅のガラス窓に、宮脇さんの直筆原稿や愛用の白地図のコピーが貼られていることを知る。
行ってみたくなるではないか。

宮脇さんとは離れても、時刻表を巡る面白く読んだ記事がある。
「時刻表を極める」の中の、「時刻表対談JTBパブリッシング×交通新聞社」。
この対談によると「JTB」派は「鉄」好きで「JR」派は「旅」好きらしい。
私は以前から使っているからという理由で「JTB」派。

書いているうちに今日が「時刻表」4月号の発売日だということを思い出した。
明日にでも買ってくるとするか。
やっぱり無人島に本を1冊だけ持っていけるとしたら時刻表だなあ。
posted by s-crew at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

今さらながら湘南戦

16日に行われたJリーグ第3節、ベルマーレ対エスパルスの試合。
1−1のドローに終わった。

エスパルスにしてみたら、この試合は是が非でも勝たなければならない試合だったと思う。
理想を一旦置いといて、現実的に勝利を得るための方策を採ったのだから。
だが、引き分けに終わった。
勝ち点1は得たものの、それ以上に失ったものも大きいような気がする。

ナビスコカップでの反撃はあるのか。
あってくれと望むばかりだ。
posted by s-crew at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

物語の世界へといざなう

「みんなの図書室2」 小川洋子 著 PHP文芸文庫 読了。

4年ほど前に「心と響き合う読書案内」を読んだという記事をアップした。
http://orangev.seesaa.net/article/117585894.html
このときの入れものは新書だったが、そのあとは文庫になった。
それが「みんなの図書室」。
このときはアップしなかったが、今回「2」が出てアップすることとなった。

今までは1年分52冊分が収録されていたが、今回は48冊分とやや減っている。
「春の本棚」「夏の本棚」「秋の本棚」「冬の本棚」と区分けされているが、それほど厳密にやっているように思えない。
題名からしたら「冬の本棚」の「細雪」が、「夏の本棚」に収録されている。
ちょっと不思議。

48冊のうち、読んだことのあるのは6点。
「トム・ソーヤーの冒険」「細雪」「トロッコ」「岳物語」「ティファニーで朝食を」「金閣寺」。
思っていたよりも少なかった。
今思い返すと全部、高校・大学時代に読んでいる。
だからどうだというわけではないけれど。

「2」が出て、この読書案内も「3」「4」と続くのだろうか。
私としては続けて出してほしいと思う。
その本を読むだけでなく、私の好きそうな「みんなの図書室」で紹介された本も読んでいきたい。
この本の中では、そうだな、「鉄の時代」あたりは興味を持ったな。
「1Q84」も読んでおきたいな。
かくして読みたい本ばかり増えていく。
posted by s-crew at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

横浜FC対徳島@ニッパツ

3月10日はニッパツ三ツ沢球技場に出かけた。
本当は夢の島競技場へ行って横河武蔵野対MYFCの試合を見るつもりだった。
ところが、精神的なものか、疲労困憊で朝起きられず、昼まで寝ていたので、4時キックオフの試合に変更したのだ。
カードは横浜FC対徳島ヴォルティス、私は徳島ゴール裏にもぐりこんだ。

試合は前半1−1、後半1−1、計2−2のドロー。
ゴール前のスリリングなシーンもあり、なかなか楽しめた。
両チームのサポーターも、どちらもある程度納得といった空気を醸し出していた。

横浜FCで目立っていたのが、今年草津から移籍してきたアンカーのポジションに入った松下。
彼が目立っているうちは横浜FCのペースだった。
彼は、前橋育英三年のときから気になる選手だった。
選手権準々決勝、前橋育英対静岡学園の試合、前橋育英が3−2で勝つのだが、松下がいなければ勝ったのにと静学に肩入れする私は思ったのだった。

一方、徳島では柴崎が中心選手であることは事実だろうが、私は右WBの太田圭輔にどうしても注目してしまった。
圭輔は徳島の武器になっていた。
またうまく使われていた。
その点、よかったなと思った。

出来れば専用スタジアムで優先的に見たいと思っている。
その意味で、ニッパツとフクアリは、今シーズン何回も足を運ぶのではないかと思う。

今さらですがマリノス戦

3月8日に行われたエスパルス対F・マリノスの一戦。
しばらく現実逃避の日々を送っていたので観戦記をアップできないでいたが、何とか回復したので、今さらながらアップしたい。

前半、集中力を欠いたプレーが失点に繋がる。
また開幕以来、ミンスの動きに精彩がないように感じる。
3ボランチを続けるのなら、ミンスにはやってもらわないと。

後半パワープレーに活路を見出そうとするが、そこはF・マリノスの誇るセンターバックコンビ中澤と栗原にシャットダウンされる。
またパワープレーを後半ずっと続けるには無理があると思った。
また俊輔が自由に前を向けるようになる。
これでは失点が増えるのも当然か。

攻撃はといえば、シュートが3本とこれまた課題が多い。
ここが底だと思うことにするが、次節は正念場になりそうだ。
祈りたくなるような心境である。
posted by s-crew at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

60分は何とかきったが

昨日3月3日は静岡市内を10キロ走ってきた。
第38回静岡駿府マラソンに出場したのだ。

記録は59分37秒と、かなり遅くなっている。
総合順位も4526人中2794位と半分より下の順位になってしまった。
今までは50分台前半の記録で、順位も上半分の中には入っていた。
いかんなあ。

また今回は初めて歩いてしまった。
つらかったんです。
5キロの給水地点、8キロ付近と歩いてしまった。

遅くなった原因ははっきりしている。
太ったからだ。
腹回りに4,5キロの重石をつけて走ったようなものだ。
これはきつい。

ただ、無性にまた走りたいという気持ちが今日になって起こってきた。
良い記録を出してやる、と思う。
また来年走りたい。
そして55分をきるように準備をしていきたいと思う。
posted by s-crew at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

砂舞うNACKスタにて

3月2日行われたアルディージャ対エスパルスの一戦、強く吹いた風が集中力を削いだか、両チームにとって難しい試合だったように思う。

前半はスコアレス。
エスパルスではミンスの出来がいまひとつだったように思った。
ボランチとトップの間を埋める、トップ下の選手が必要ではないかと思った。

後半は一転、点が次々に入る。
エスパルスの失点は、ディフェンスがあっさり交わされすぎと映った、軽い。
二点のビハインドを追って、瀬沼と内田を投入、パワープレーに活路を見出す。
石毛のJ1リーグ初得点、もしかしたら、後になって貴重な証言者の一人になるかと思う。
さらにFKを内田が直接決めて追いつく。
このときのベンチとピッチ上の選手が一体となった喜びようは、ゴール裏にも伝わってくる熱いものだった。

そのあとチャンスがあったものの得点は動かず2−2でタイムアップ。

バレーのゴールは見られなかったが、シュートはうったので、次は期待出来るのではないかと思っている。

ホームでは先制点がほしいな。
posted by s-crew at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

「鉄道」完全解明2013

発売からすでに二週間ほど経っているような気がするがやはり私のブログでは取り上げないわけにはいかないだろう。
『週刊東洋経済臨時増刊「鉄道」完全解明2013』、今年は通常号での特集がなく、いきなり臨時増刊での刊行となっている。

全部で六つの章からなっている。
 メーカー&商社 海外展開の実態
 新幹線の限界と浮上した新機軸
 徹底取材で解明 鉄道会社の経営
 ローカル鉄道に希望は見えたか
 増殖止まらぬ都市鉄道の資格
 バリアフリー1000駅
特に最初の特集は、いかにもビジネス週刊誌と思わせる。

私が気になった特集二つをあげる。
「乗り放題きっぷの舞台裏」と「BRTにLRTの代役は務まるか」だ。

JRグループに「周遊きっぷ」という乗り放題きっぷがある。
そしてもう少しで、なった、になってしまう。
何でなくすんだという気持ちがあったが、この特集記事を読んで、なるほどと思った。
乗り放題きっぷも、時代とともに移り変わってゆくのがよくわかった。
時刻表をよく読んで、新しい乗り放題きっぷをチェックしておこうと思う。

BRTとは、’Bus Rapid Transit’の略で、日本では「バス高速輸送システム」などと訳されているそうだ。
専用走行路を走るバスといえばイメージできようか。
LRTに比べ経済的に優位だが、二酸化炭素排出量などはLRTのほうが優位に立つ。
新潟市で検討中のようだ。
ビッグスワンへ専用走行路を通って行くこともあるかもしれない。

今後も鉄分の濃い本などを紹介していくことになるだろう。
すでに買っている本もある。
その前に違う乗り物についての本を紹介するかも?
posted by s-crew at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。