2013年03月14日

横浜FC対徳島@ニッパツ

3月10日はニッパツ三ツ沢球技場に出かけた。
本当は夢の島競技場へ行って横河武蔵野対MYFCの試合を見るつもりだった。
ところが、精神的なものか、疲労困憊で朝起きられず、昼まで寝ていたので、4時キックオフの試合に変更したのだ。
カードは横浜FC対徳島ヴォルティス、私は徳島ゴール裏にもぐりこんだ。

試合は前半1−1、後半1−1、計2−2のドロー。
ゴール前のスリリングなシーンもあり、なかなか楽しめた。
両チームのサポーターも、どちらもある程度納得といった空気を醸し出していた。

横浜FCで目立っていたのが、今年草津から移籍してきたアンカーのポジションに入った松下。
彼が目立っているうちは横浜FCのペースだった。
彼は、前橋育英三年のときから気になる選手だった。
選手権準々決勝、前橋育英対静岡学園の試合、前橋育英が3−2で勝つのだが、松下がいなければ勝ったのにと静学に肩入れする私は思ったのだった。

一方、徳島では柴崎が中心選手であることは事実だろうが、私は右WBの太田圭輔にどうしても注目してしまった。
圭輔は徳島の武器になっていた。
またうまく使われていた。
その点、よかったなと思った。

出来れば専用スタジアムで優先的に見たいと思っている。
その意味で、ニッパツとフクアリは、今シーズン何回も足を運ぶのではないかと思う。

今さらですがマリノス戦

3月8日に行われたエスパルス対F・マリノスの一戦。
しばらく現実逃避の日々を送っていたので観戦記をアップできないでいたが、何とか回復したので、今さらながらアップしたい。

前半、集中力を欠いたプレーが失点に繋がる。
また開幕以来、ミンスの動きに精彩がないように感じる。
3ボランチを続けるのなら、ミンスにはやってもらわないと。

後半パワープレーに活路を見出そうとするが、そこはF・マリノスの誇るセンターバックコンビ中澤と栗原にシャットダウンされる。
またパワープレーを後半ずっと続けるには無理があると思った。
また俊輔が自由に前を向けるようになる。
これでは失点が増えるのも当然か。

攻撃はといえば、シュートが3本とこれまた課題が多い。
ここが底だと思うことにするが、次節は正念場になりそうだ。
祈りたくなるような心境である。
posted by s-crew at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。