2013年04月02日

千葉対北九州@フクアリ

なんか最近、点差のつく試合ばかり見ている気がすると日曜日に思った。
出かけた先のフクアリでだった。
J2、千葉対北九州の試合は6−1の大差でジェフが勝利を収めた。

やはりこの試合はまずケンペスに触れなければなるまい。
ハットトリックどころではなく、1試合4得点。
調子に乗ったときのFWの得点力をまざまざと見せ付けた。
ちょっとギラヴァンツの守備陣はまともに受けすぎたように思った。
また、2列目のジャイールもうまさも光った。
ケンペスは波がありそうだが、ジャイールは安定して力を発揮するタイプではないか。
この二人はJ2ではちょっと抜けているかもしれない。

この二人以外で、おやっと思ったのは、右SBに入った米倉。
二列目の選手とばかり思っていたが、この試合では最終ラインからオーバーラップを繰り返していた。
よく走ってた、よくクロスを上げた。

一方のギラヴァンツはどうしようもなく悪かったわけではない。
実際シュート数はジェフを5本上回る17本うっている。
まあ、え、そんなに打ったのとは思ったが。
気持ちが切れそうになる点差ではあるが、最後までFW渡や左SB冨士がボールを呼び込もうと走り回っていたのには、一種の感動をさえ覚えた。
実は冨士は山西の後釜にいいんじゃないかと昔思ったことがあるんですね。
ちょっと懐かしい。

気候は寒かったけれども、ちょっといいもの見たかなと思った試合でした。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。