2013年04月15日

プレミアイースト第2節

日曜日はプレミアイーストの試合を見てきた。
エスパルスユース対アントラーズユース。
結果は2−1でエスパルスが今季初勝利。
得点者は北川と宮本という期待の二年生、この日もしっかり取っているのが素晴らしい。
昨年は開幕3連敗スタートであったが、今年は2戦目での勝利となった。

試合前両チームが並ぶと、体格の差を感じた。
エスパルスユースには、フィールドプレーヤーに180センチ以上の選手がいないのに対し、アントラーズユースは3人ほどいた。
これはセットプレーには気をつけないといけないと思った。
そしたら失点はCKから。
でもよく一失点ですんだという気もする。
CBの鈴木準弥がピンチの芽を摘んでいた。
鈴木はCBにしては小柄だが、頼もしい、さすがキャプテン。

もう一人の守りの主役はGK高木和。
ビッグセーブ連発で勝利に大きく貢献した。

オヤッと思ったのが、今までSBで出場していた水谷がボランチで出ていたこと。
今シーズンはここで使うのか。
年代別の日本代表ではボランチで使われているので、本人としてみたら問題はないだろう。

また10番柳沢も相手のDFの裏を狙って、相手の脅威になっていた。

次のエスパルスユースの相手は、今季前評判の高い流経大柏。
見に行こうかどうしようか迷っている。

ダービーで勝利をもぎ取る

点を取れるときに取っておかないと後で泣きを見る。
今回はジュビロが泣きを見たが、明日はわが身と思っておかないととも思った。

エスパルス対ジュビロの静岡ダービーは、“ダービー男”村松の挙げたゴールを守りきり、エスパルスが勝利した。
だが試合開始早々からジュビロが主導権を握っていた。
開始5分で3度ほど悲鳴をあげそうになった。
ここで決めきれないというところにジュビロの今季リーグ戦未勝利の理由があるのだろう。

後半立ち上がりもジュビロが押していた。
耐える。
そんな中、待望の瞬間がやってくる。
リードしてから守りに入るかと思いきや、カウンターからの決定機を何度も作る。
ここでもう一点決める実力はまだないのか。
だが、ここで決めないと、次の試合に勢いがつかないと思うのだ。
こういったところで点を取れるかどうかが、長いシーズン大きな差になってしまうように思う。

俊幸の退場もあったが、やがてタイムアップ。
苦言も呈したが、やはり勝ち点3の味は格別。
特に今季ホーム初勝利とあればなおさらだ。

ところで、試合前とハーフタイムの水撒きは今後も続けるのだろうか。
今のサッカーでは、相手チームの方の利になってしまうと思うのだが。
次の相手はセレッソか。
やはり止めたほうがいいと思うがいかがか。
posted by s-crew at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。