2013年04月30日

岐阜の選手層を心配する

日曜日、サッカー観戦のため、遠出をした。
向かった先は、長良川競技場、カードはFC岐阜対モンテディオ山形。
早起きできればエコパでユースの試合を見ようと思っていたが、起きられず長良川にした次第。
当然岐阜の樋口と柴原に注目した。
二人ともフル出場だった。

キックオフからずっと山形がボールを支配、これはある程度想定したとおりだった。
ボールは回る山形、だが、なかなかゴールに届かない。
これも予想通りだった。
予想通りではなかったのが、岐阜のフォーメーション。
4バックかと思ったら3バック(実質5バック)だった。
この試合から試みたらしい。
行徳監督、ユースの監督のときも、てこ入れのためにこの手法を使っていたことを思い出す。

なかなか点が取れなかった山形だが、ボランチ秋葉のミドルが決まって先制。
岐阜はラインが下がりすぎてたか。
先制を許した岐阜はかなり厳しいぞと思っていたら、縦一本でFW杉本が抜け出し、GKの位置をよく見てループシュートを決め、同点に追いつく。
前半終了。

後半になっても、ほぼハーフコートマッチの様相は変わらない。
柴原疲れて交代かと思ったら、岐阜のDFの柱デズモンドが痛んでout、柴原は結局フル出場だった。
終盤山形は攻め疲れか足が止まり始める。
岐阜もカウンターを繰り出したいが、疲れた柴原を経由している分、効果的なカウンターは繰り出せない。
結局1−1でタイムアップ、両者勝ち点1を分け合う。

岐阜はエスパルスからレンタルの二人が、まだフィットしていない。
特に柴原は時間がかかりそう。
なんとか岐阜の勝ち点獲得に貢献してほしいとは思う。
武者修行の場を大事にしてほしいものだ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。