2013年06月02日

二日続けてJFLを観戦

今日もまたJFLを観戦、今回はY.S.C.C.(以下YSCC)対FC町田ゼルビア(以下町田)の一戦。
ニッパツへと足を運んだ。

YSCCがかなり動員に力を入れていたようで1900人ほどの客の入りだった。
メインだけの解放で、アウェイ側はほとんど埋まっていたように見えた。
ホーム側も親子で観戦が多かった。

町田の中心選手は10番の庄司、エスパルスジュニアユース出身。
だがこの試合はベンチにも入っておらず、出場停止らしい。
そんなことも知らずに、のこのこ見に来るのだから私はのん気だ。
庄司がいなかったからか、町田はボールの落ち着かせ所がなかったように思えた。
試合は後半の途中から、両チームとも足が止まった印象を持ったが、庄司不在の影響が出たかと思った。

前半は両チームとも得点が入らず、静かな立ち上がり。

先制はYSCC、8番青田翔。
左サイドでフリーになり、右足で決めた。
負けられない町田は必死で反撃に出る。
実ったのは後半30分くらいのとき、コーナーキックからの二次攻撃で最後は9番鈴木が頭で決める。
この展開はなかなかきれいだった。

このあと両チーム足に来て、思うように繋げられなくなる。
もどかしい時間が過ぎ去りタイムアップ、痛み分けといったところか。
両チームとも順位を落としてしまったようだ。

6月はJ1の試合がないので、JFLの試合を意識して見にいこうかと思っている。
チーム名を間違えないように気をつけないと。

手近なとこでJFL観戦

今日はバスに乗ってJFLの試合を見てきた。
向かった先は武蔵野市陸上競技場。
横河武蔵野FC対HOYO大分の試合。
横河武蔵野FCの監督は吉田康弘、明治のコーチをやったり、いろいろとお忙しい。

選手紹介をしても、電光掲示板がないので選手名がよくわからない。
それでも横河武蔵野のほうは数人はわかった。
だがHOYO大分のほうがよくわからない。
控え選手に名古屋や徳島で活躍した杉本恵太がいたのはわかった。

キックオフ、横河武蔵野は3バックだった、ちょっと意外に思う。
早い時間帯にHOYO大分ボランチ6番福島のシュートが相手DFに当たり、コースが変わってゴール。
少し経つと私の腹具合がおかしくなってきた。
たまらず、トイレへ。
ちょっと集中しては見てられなくなった。

後半になっても相変わらず腹具合がおかしい。
もう一度トイレタイム。

私が思っていた以上にHOYO大分の選手にテクニックがあった。
試合のあと、HOYO大分のホームページで選手をあたってみると、どこかで聞いた名前が案外多かった。
もとJリーガーが多く在籍しているということ。

試合はそのまま点が入らず、0−1でタイムアップ、HOYO大分の勝利。
横河武蔵野も持ち直したが、得点をあげるところまではいかなかった。

HOYO大分はリーグ戦の順位はまだ下位にいる。
もう少し上に行ってもおかしくないと思った。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。