2013年07月31日

プレミアイースト第9節

お次の観戦記は、7月21日にアイスタで行われたエスパルスユース対三菱養和SCユースの試合。
エスパルスユースの対戦相手、三菱養和は街クラブの雄として知られている。
FWの木村は、1年時にレギュラーでエスパルスユースから得点を奪った記憶がある。
彼にやられなければ良いがと思って試合を見始めた。

結果を先に書いてしまえば、前半2−0、後半0−0、計2−0でエスパルスユースの勝利。
この試合の勝利の立役者はなんといってもFW北川航也。
後方からの難しいパスを右足トラップ一発で相手DFをかわして左足で先制点を決める。
ゴール前でのこの落ち着きぶりは高校二年とは思えないほど。
二点目のゴールも、あげたのは岡田だが、北川の存在感でDFの集中力が削がれたからと思うのは、ちょっとうがった見方か。

北川以外では、左SBの水谷拓磨の安定感、判断力の速さが光った。
北川、水谷以外でも高校二年が大きな戦力となっている。
こういうチームは、勢いになると強い。

三菱養和にはいいDFがいることを、「エルゴラ」を読んで知る。
だが、この試合は意識しなかった。
それだけ北川が相手のDFの脅威になっていたといえるのではなかろうか。
木村もあまり怖さを感じなかった。

これでエスパルスユースは、気分よくクラ選に臨むことになる。
実際に今日の時点で、ベスト8まで進出している。
大きなチャンスだと思う。
この勢いのまま、突っ走ってもらいたい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。