2013年08月17日

SBS杯@草薙 その2

SBSカップ2日目第2試合は、U−18日本代表対U−18ロシア代表。
やはり日本代表のエスパルス関係の3人の選手に注目してしまう。
スタメンは1試合目と一緒、これがベストメンバーということなのだろうか。
3人もスタメンとは、わくわくするではないか。

前半はFW金子がやってくれた。
PKのキッカーを任され、見事左隅に決めて先制点。
余韻も冷めやらぬ間に左サイドから中央へそしてミドルシュート、これが右隅に決まって追加点。
このシュートは素晴らしかった。
金子のよさがよく出た一連のプレーだと感じた。

後半に三浦が沸かせる。
ミドルレンジからのFK,これが直接バーを叩く。
いいキックだった。
こういうキックを蹴れるんだ。

試合は後半にも2得点を追加した日本が4−0で完勝。
試合後ロシアは数人の選手がグラウンドにへたれこむ。
やっぱり湿気なんだろうなと思う。
それから主審に対して不満そうな選手も見られた。

忘れてしまいそうだが、GK高木和も無難な出来。
あまり目立つ場面がなかったということ。

これで3日目の静岡ユース対U−18日本代表の試合がカップ戦の優勝者決定戦となった。
正直実力差はあると思うが、一泡吹かせる気概で静岡ユースは立ち向かってほしいと思う。
見に行かなくては。

SBS杯@草薙 その1

8月16日金曜日、SBSカップ二日目の会場は草薙競技場、当然のようにまた出かけていった私だった。

第一試合は静岡ユース対U−18ウルグアイ代表。
静岡ユースの先発メンバーにはDF鈴木準弥とMF宮本航汰の名前があった。
宮本はどこで使われるのかと注目していると、トップ下だった。
前日の試合でトップ下を務めていたジュビロU−18の梅村は、前半はボランチに入っていた。
終わってみたらこの試合は、梅村の試合だった。

前半は得点が動かず。
梅村が3列目に位置していた分、静岡ユースは重心が後ろだった。
どちらも目立った決定機がなく前半終了。

後半宮本に変えてボランチの選手をいれ、梅村をトップ下へ。
その梅村がこの試合唯一の得点をあげる。
中央を崩しての得点だった。
あとは時計を進めるだけとなったアディショナルタイム、無理しなくていい場面で梅村がタックル、これがファウル、そしてこの試合2枚目のイエローが出る。
退場。
鈴木と梅村を中心とした静岡ユースがどこまでU−18日本代表に立ち向かえるのか楽しみだったが、梅村は出場できず。
ちょっと試合の興味がそがれた気がした。
でも主審が悪いんではない、梅村が軽率だっただけ。

一人減っても時計は進む。
タイムアップ。
1−0で静岡ユースが勝利。
ウルグアイはコンディショニングに苦慮している印象、やはり湿気かなあ。
そうそうエスパルスユースからは、後半望月大が出ていた。
あまり存在感を出せてはいなかった。
まあ、宮本もそうだが、まだ2年これからに期待。

これで静岡ユースは2戦2勝、大健闘。
ただ、日曜日は苦戦は必死と見る。
どこまで守備が持ちこたえられるか、その点にフォーカスして試合を見てみたい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。