2013年09月21日

やっと、対グランパス戦

やっと観戦記がほぼ追いついた。
今日アップするのは先週行われた対グランパス戦。
やはりこの試合は、アディショナルタイムの村田のクロスから元紀のヘッドでしょう。
村田がいいクロスをあげた。
ただ、その前に中央に切れこんで左足でシュートを打っていたことに注目したい。
このプレーのおかげで元紀のマークが甘くなった。
元気のヘッドも素晴らしかった。
パスした後、そこで休むのではなく一目散のゴール前に駆けていった。
その頑張りが報われたプレーだったように思う。

この試合であらためて村田のスーパーサブとしての位置が確認できた。
後半疲労が溜まってきたところで村田が投入されれば、大きな武器となる。

グランパス側に立っていえば、この日はケネディの日ではなかった。
チャンスを全部決めていたらハットトリックをあげられていたかもしれない。
ホッとしている。

これでリーグ戦3連勝、新戦力がフィットして上を目指せるチーム状況になってきたように思う。
そこで対戦するのは首位F・マリノス。
老練なチームとの印象がある。
若いチームが勢いを持ってぶち当たればチャンスはある。
しっかりと試合を見てこようと思っている。
posted by s-crew at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

エスパルスY対流経大柏

天皇杯、エスパルス対MYFCの試合の次の日、J−STEPでエスパルスユース対流通経済大柏高の試合を見た。
春、流経大柏のホームの時には0−7で負けた。
その後どこまで差をつめたのか、あるいは追い抜いたのかを知りたいと思った。
スコアは前半2−1、後半3−2、合計5−3でエスパルスユースが勝利を収めた。

常に先攻したのが良かった。
三度先攻し、三度追いつかれた。
だがもう一度先攻すると流経大柏に追いすがる力は残っていなかった。
ダメ押し点を加え、二点差をつけての勝利となった。

流経大柏はハイプレスで鳴らしてる。
パスワークで網をかいくぐり、スペースを見つけて得点に結びつけた。
特に相手左SBが力のある選手と思えたが、オーバーラップした裏のスペースを効果的に狙っていたように思う。

目立った選手をあげれば、まずは2得点をあげた北川。
すでにトップの練習にも参加経験がある。
石毛に続いて高校生でのデビューを十分にありえる。
10番を背負う柳沢も相手を裏を狙う動きが効果的だった。

本来の力を出せなかったのが、U−17日本代表の常連水谷。
トラップミスから失点してしまうなど、どうしたのかと心配してしまう出来だった。

今年もエスパルスユースの試合は得点がよく入る。
なかなか見ていて面白い。
今後も機会があれば見てみたいと思う。

2013年09月19日

今度は対藤枝MYFC戦

天皇杯2回戦の観戦記。
相手が藤枝MYFCということで、トシやイチに注目してみていた方も多かっただろう。
私が一番注目していたのは、藤牧だった。
三重県の中学からエスパルスユースを経て中京大へ。
確か大学三年のときには、東海リーグの得点王になったはず。
いろいろあってヴァンフォーレに加入するも、一年で戦力外に。
そして藤枝MYFCに至る。
長くなったが、回り道の末藤枝でポジションを掴んだ藤牧が、エスパルスにどう立ち向かうのかを楽しみに見ていた。
CBで使われるかと思っていたら、FWでもなく右SHだったので意外に思った。

一番印象に残っているのは後半、左からのクロスにドンピシャヘッドであわせたプレー。
GK正面に飛びゴールとはならなかった。
試合後のインタビューで、真田さんに守られたといったようなコメントを残していた。
エスパルス愛が感じられて、ちょっとウルッと来てしまった。
JFLでの活躍を切に願う。

試合は、藤牧のヘディングシュートのあと、セットプレーから二得点をあげたエスパルスが貫録勝ち。
なるほどなあと思ってみていたのが、浩太に替えて村田を投入したとき。
どうポジションをいじるのかと思っていたら、4−3−3を4−2−3−1にフォーメーションを変えた。
このあとボールが効果的に動くようになった。
これからもこういった試合中のフォーメーション変更が見られるかもしれない。

試合後のエールの交換。
個人的に同じカードを藤枝のホームで見てみたいと思った。

藤枝MYFCは来期J3で戦う可能性がかなり高いようだ。
イチの雄姿をまた見たいと思う。
今年以上に藤枝に行く機会が増えるかもしれない。
posted by s-crew at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

今度は、対トリニータ戦

書いていない観戦記が溜まっている。
昨日は対アントラーズ戦だったが、今日は対大分トリニータ戦。
今さらながらだが、順番に書かないと気がすまないんで。

大分戦、この日は前日から風邪の初期兆候が現れていてのどが痛かった。
案の定というか、日曜日の夜に発熱、月曜日は会社を休んでしまった。
そこまでして行った大分、行っただけの甲斐はあったかな。
試合は3−2でエスパルスが勝利を収めた。

試合が動いたのは前半も残り数分といった時間帯だった。
中盤で大輔がドリブル開始、慣れないのか足がもつれそうになったのはご愛嬌。
左を走っていた俊幸にパスを出した後もゴール前まで走っていたのが良かった。
俊幸のクロスをヘッドでしとめる。

ホッとするまもなく追加点。
拓のフィードから元紀がループシュート、相手キーパーをあざ笑うかのようにボールはゴールに吸い込まれる。
どちらのプレーも持ち味が出ていたように思う。

後半になってもエスパルスの攻勢は止まない。
CKからの連続攻撃で俊幸が抜け出して得点をあげる。
ここまでは笑いが止まらない展開だった。
だが、ここから先は徐々に冷や汗の止まらない展開に。

交代出場の森島に連続してゴールを決められる。
そしてラストプレーでのヘディングシュート、紙一重でボールはバーの上だった。

3点取ってから2点を取られるところは、拙い試合運びといわれても仕方ないところ。
まあトリニータがホームで意地を見せたともいえるが。
それでもせめて3−1で勝っておきたかった。

風邪をひいてしまったのは、この試合展開で冷や汗をかきすぎたからかも。
posted by s-crew at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

今さら対アントラーズ戦

長い間更新をサボってしまった。
一度サボってしまうと、再開するのにかなりのエネルギーを要する。
少なくとも私はそうだ。
まあ肩の力を抜いてひっそりと再開することにする。

アントラーズ戦から振り返ってみたい。
この試合は実質後半から見た。
7時15分くらいにケータイで途中経過を確認したところ、0−2となっていて愕然とした。
救いだと思ったのはアントラーズのボランチ梅鉢にイエローが1枚出ていたこと。
この選手を退場に追い込めば逆転できるのではないかと、そんなことを思っていた。

後半その梅鉢がいない。
アントラーズのボランチが山村と中田になっていたが、着いたばかりの私はよく把握できていなかった。
小笠原は出場停止なのは知っていたが柴崎はどうしたんだ?
よくわからないがアントラーズは落ち着かせるところがないようだと感じた。

ともかく2−2から後半スタート。
俊幸の得点。
ラドンチッチのポストプレーが光る。

PKで追いつかれる。
だがその後の喜びの序章に過ぎなかった。

拓のスルーパスに村田のクロス、そして俊幸のボレー。
思い返すだけでニヤニヤしてしまうプレーの連続だった。
素晴らしい。

4−3打ち合いを制したエスパルス。
後半しか見られなかったが、十分もとは取った気分だった。
posted by s-crew at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。