2014年01月19日

エスパルスユース対東山@鈴与三保

ユースの試合を見に三保へ行って来た。
相手は東山高校、入れ替え戦を経て来年度はプレミアウエストで戦うことになっているチームだ。

メンバーを見ると北川はいたが、宮本と水谷がいない。
北川の背番号は10番だった。
水谷は別メニュー組みの中にいた。
宮本は見当たらず。
父兄の声から漏れ聞こえてきたところによるとどこか痛めているらしい。
少し心配だ。

前半は、まだまだの出来。
最終ラインでボールはまわせても、そこから前へはなかなか進められない。
さらには先制点を許してしまう。
このままだとプレミアリーグで、また春先は苦戦してしまうのではないかと心配する。

ハーフタイムを経て後半へ、かなり改善された。
といってもきっかけはやはり北川の個人技だったのかもしれない。
ゴール前でキープ力を発揮してアシストに繋げる。
ここから流れはエスパルスユースへ。
そして3点目は自らのゴール。
まだ遠征から帰ってきて疲れが抜けていないと思われるが、結果はきっちりと残している。
3対1でエスパルスユースが勝利を収める。

目立っていた選手は、今さらではあるがやはり北川。
今すぐ、トップでどこまで出来るか見てみたいと思った。
それ以外の選手はこれから徐々にプレースタイルを掴んで生きたい。

実はもう一人気になった選手がいる。
相手チームの14番だ。
気になって調べたらどうも鎌田大地らしい。
昨年エスパルスに練習参加した選手だ。
そのときはFWということだったが、この日はボランチで出場しアシストをしている。
この選手、キープ力があり視野も広い。
周りからの信頼感も強く感じられる。
同じ京都ということで山城高校時代の石塚を思い出した(ちょっと違うか)。
このまま伸びるようなら高卒で取ってもいいのではないかと思った。

エスパルスユースは新年度はタイトルを取ってほしいと強く思う。
またそのチャンスはあると思う。
期待している。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。