2014年05月03日

勝てないね、ヴェルディは

かなり時が経ってからの観戦記、4月13日の2試合目は、午後5時キックオフの東京ヴェルディ対ファジアーノ岡山の一戦。
どうもファジアーノは、はしご観戦の2試合目にあたる。
3月9日も西が丘からフクアリへ移動してみた試合だった。

この日は0−1でアウェイファジアーノの勝利。
アルディージャからレンタルの上田から、DFラインの裏に向けた荒田にパス、荒田はうまいトラップを見せ、ゴールへ流し込む。
やはりトラップがピタッと足元に収まると美しい。

得点シーンを除けば、ヴェルディのほうが押していたようにも見えた。
ファジアーノが持たせて、カウンターを狙っていたようにも見えたが。

私はファジアーノ側のゴール裏にいたが、ファジアーノサポが楽しそうに応援していたのが印象に残った。
良い雰囲気だなあと思った。

両チームともスタートダッシュに失敗してしまったように映る。
また、ファジアーノはレギュラーが二人負傷で離脱してしまった。
どう立て直すか注目したい。

辻尾は定位置を確保したか

しばらくブログ更新をサボっているうちに、アップしていない観戦記がたまってしまった。
早く追いつくよう努力します。

で、まずは4月13日。
この日私ははしご観戦をした。
1試合目は、午後1時キックオフのFC町田ゼルビア対ツエーゲン金沢。
この試合で注目したのは、ツエーゲンの右SBで出場した辻尾。
そう、元エスパルスにいた辻尾真二だ。

及第点の出来と言っていいのではないかと思った。
もう少しでアシストというクロスをあげていた。
余裕を持ってプレーしていた。
後半途中で交代、替わって入ったのはレギュラーだった阿渡、昨年の天皇杯で得点をあげた選手だ。
だが、この出来ならレギュラーの座をつかめると思う。

試合は0−0のスコアレスドロー。
ゼルビアのFW鈴木がブレーキだった。
面白くなかったわけではないが、やはりゴールを見たかった。

辻尾以外で注目したプレーヤーは、ゼルビアのボランチ庄司。
意欲は見せたが、後半途中で交代となってしまった。
どこが悪かったのか、ちょっとわからない。

去年の天皇杯でエスパルスサポーターに印象を残したツエーゲンの清原も良い動きを見せていた。
全体的にツエーゲンの動きがよかったように思った。

また野津田に行くこともあるだろう。
次は得点シーンを見たい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。