2014年05月07日

勝ち点3、得点4を稼いだが

一応、順を追って観戦記を書いている。
今日は4月19日の対ヴォルティス戦。
もうかなり遠い過去のような気がする。
このころは…

4対0での零封勝利。
PKを与えてしまったが、GK櫛引がよくセーブした。
このプレーで勝利は確定したといってもいいだろう。

この試合、残念なことに駿が大怪我をしてしまった試合として記憶されることになった。
試合終了時、ゴール裏に挨拶に来なかったので心配したのだが、こちらの思っている以上に重症で驚いた。
好事魔多しとはこのことか。
少しでも早く回復することを祈りたい。

良かった点に目を転じれば、ノヴァコ、俊幸、元紀と、とって欲しい人にゴールが生まれたこと。
意外性のある選手が得点をあげるのもいいが、やはり取るべき人が取ったほうが、チームは着実に前進する。

また得失点差を稼いだこともよかった点。
勝つのは接戦、負けるときは大敗が多いという印象があったが、リーグ戦では久しぶりの大勝。
得失点差もプラス2となった。
プラス2なんていつ以来だろう?

勝てる相手から確実に勝ち点3を取る。
しっかりとミッションを完遂した試合だった。
posted by s-crew at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。