2014年05月08日

誠のプレーに不満を覚える

相変わらずちょっと遅れた観戦記。
今日は4月20日に見た試合。
徳島からの帰りに立ち寄ったのはニッパツ三ツ沢球技場、カードはYSCC(以下横浜)対福島ユナイテッド(以下福島)。
注目したのは福島のトップ下でスタメン出場した柴原誠。
エスパルスを解雇されて福島に活躍の場を求めた柴原だ。

結論から言ってしまうと、かなり不満を覚えたプレーだった。
ちょっとずれたパスを追おうとしない。
あれでは次からパスが来なくなってしまう。
案の定というか、後半途中で交代。
ここで私のそばにいた福島サポが「17番替わってくれた」と。
正直味方サポからこんな声が出るとはとショックを受けた。
柴原は精進が必要だ。

柴原以外で覚えのあるプレーヤは福島のボランチ安東。
開幕戦は途中出場だったが、この日はスタメンでフル出場。
顔を出して欲しいときに顔を出す。
運動量も豊富。
湘南から福島にレンタルできているが、いい経験を積んでいる。
湘南もうまいことやってるなあと思った。

試合は後半、福島がPKを得、きっちり決める。
この得点が唯一の得点となり、0−1で福島の勝利。
どちらもあまりボールが繋がらず、ちょっと盛り上がりに欠けた試合になってしまった。
ただ福島はリーグ戦初勝利ということで、結果が欲しかったのだろう、サポーターも大喜びだった。

両チームともこのままだと苦戦が続くかなと思った。
福島では柴原の覚醒を期待したい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。