2014年06月05日

CMFがエスパルスJYの肝

U−15の試合の後は、U−14の対戦。
続けて見たからこその発見があった。
当たり前だがこの時期の1年の差は大きいということ。
体格の違いは明らかだった。
また声変わり前の選手も多く、耳からでもU−15との違いがわかった。

やはりこのチームの二人のCMFがチームの核だと思った。
3番の栗田と18番の留盛、特に栗田はうまいと思った。
U−14日本代表のようだ。
納得。
イヤーリストを見るとDF登録になっている。
3本目には左SBをやっていた。
将来的にはSBをやらせたいのだろうか。

F・マリノスではひときわ背の低い11番が気になった。
140センチぐらいだろうか。
体格で劣る分、先を読む能力に鍛えているかのように思った。
もっぱらダイレクトプレーばかりしていた。

試合は1−3で負けたように思う(違っていたらごめんなさい)。
まあこれからの精進次第でいくらでも伸びるさ。

U−15の試合を見る機会はあるが、U−14の試合はなかなか見る機会がないので、なかなか面白かった。
こういう一粒で二度美味しいような試合をまた組んでくれたらありがたいと思った。

2014年06月04日

両チームの17番に惹かれる

またまた更新をサボってしまった。
J1リーグ戦も中断期間に入ったことだし、中断期間のお楽しみになるようまたブログを再開したいと思う。

順番に行くと今回は5月5日に行われた試合。
当初は大学サッカーを考えていたが、エスパルスジュニアユースの試合があることを知ったので、みなとみらいに向かった。
まずはエスパルスJY対F・マリノスJY(U−15)の試合から。

特に先入感を持たず試合を見たのだが、エスパルスJYでは二人のCMFのプレーに惹かれた。
11番の滝と17番の吉田。
どちらもアスルクラロ沼津の出身、お互いのよさを良く理解しているように感じた。
特に吉田はうまかった。
そしてうまいだけでなく、労を惜しまぬ運動量も特筆モノだった。
また滝はバランス感覚が素晴らしく、自由に走り回る吉田のあけたスペースを良く埋めていた。

DFでは7番の選手が気になった。
U−15のリストを見ると7番の選手はいない。
どうもU−14の監物(正しくは監の字が違うけど、イヤーブックで確認されたし)らしい。
だとすると将来が楽しみなDFだ。
また24番の選手がいたが、彼もU−14なのだろう。

一方F・マリノスでも気になる選手が目に入った。
周りの選手からケンタと呼ばれていたレフティの17番。
調べてみたらどうも堀研太という選手らしい。
U−15日本代表にも選ばれている(滝と吉田もだが)。
この先も注目しようと思った。

試合は主力が出た1本目2本目計で1−2でエスパルスJYが負け。
まあ練習試合だけに結果はあまり気にしなくていいと思った。
ただ、CMFの存在が大きく、エスパルスJYはそう簡単に負けないチームだと思った。

が、だ。
日本クラブユース選手権(U−15)静岡県予選のベスト16で、街クラブのOISCA FCに1−2で負けた。
信じられない。
偶然you tubeでその試合のダイジェストを見つけて、見たのだが、やはりダイジェストでは良くわからなかった。
来週の日曜日の試合に勝てば、静岡県9位で東海大会に進出できる。
このチームは全国でも活躍できるチームだと思う。
なんとしても勝ち抜いて欲しいと思う。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。