2008年08月02日

関宿〜坂下宿

関宿は、町並みからして歴史を残そうとしている感じが好感が持てる。
郵便局や銀行も町並みに合わせた作りになっている。
こういう町にもっと観光客が来ても良いのになと思う。

080802関宿歴史の道.jpg
関宿歴史の道

関宿を抜けると長いのぼり道が待っている。
鈴鹿越えだ。
先方には山が迫ってくる。
険しさを感じる反面、よしやってやるぞという気持ちにもなった。

途中で私の出た大学のOBのワンダーフォーゲル部の面々とすれ違う。
みんな同じTシャツを着て歩いていたが、別に大学の名前を入れることはないと思うのだが。
私がへそ曲がりなのかな。

坂下宿に着く直前、東海道の宿場を全部書いたくいのようなものが並んでいた。
なんか力がわいてくる気がした。

11時半ごろ、予定よりも早く坂下宿に到着。
バスを待つ間、ブログの投稿をしようとしたが、電波が弱く投稿できない。
こんなところまで歩いてきてしまったんだなと改めて思った。

080202坂下宿.jpg
坂下宿

次回は12時40分ごろにこのバス停に着く始バスでやってきて再開する予定だ。
posted by s-crew at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海道を歩く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104042381

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。