2008年10月13日

甲西駅〜石部宿〜草津宿

東海道御徒紀行を再開する。
前回は雨のため宿場まで達することができず、道半ば、甲西駅でひとまず終了となった。
そのため今回はその甲西駅からスタートした。

まずは東海道へ出て、西へ向かう。
道はほとんど一本道で迷うところがなかった。
わりとすぐに石部宿の案内を見かける。
京都から江戸方面に向かう旅人は、初日はこの石部宿に泊まることが多かったそうで、街道沿いに長く宿の跡らしきものが見られる。
また寺も多いのが目立つ。

081013石部宿2.jpg
石部宿西口跡

石部の宿を出て、右手にチラッと石部駅が見えた後、街道はJR草津線と平行する。
なんか安心してしまう私。

名神高速の下をくぐり、しばらく歩くと六地蔵という地区になる。
ここは石部宿と草津宿の中間に当たり、間の宿として栄えたとのこと。
町並みも由緒正しいように感じられる。

さらに西へ。
ふと右手を見ると新幹線の高架橋が。
するとまず上りの、ついで下りの新幹線が相次いで通る。
まるで私が来るのを待っていたかのように。
勝手な思いこみとわかっていても少し元気が出る。

その新幹線の高架橋の下をくぐり、国道1号線を越し、草津川を渡ると草津の宿。
中仙道との合流地点まで歩く。

081013草津追分.jpg
草津の追分道標

今日の行程はここまで。
残す宿は大津のみ。
そこを過ぎればゴールの京の三条大橋だ。
12月頭のフィナーレに向かって、着実に歩んでいる。
posted by s-crew at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海道を歩く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108012885

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。