2009年05月04日

西が丘に両監督の声轟く

早慶戦が終わるとゴール裏は一挙にさびしくなった。
せっかく2試合あるんだから両方見なけりゃもったいないじゃん。
そんなことを思い、そのまま第2試合の中央大対駒澤大の試合も観戦。

試合を見て思ったのは、駒澤のサッカーは永遠不変だということ。
ボールを奪ったらひたすら大型FWに向けてロングボール。
こぼれ球から二次攻撃。
わかりやすいといえばこれほどわかりやすいサッカーもいまどき珍しいかもしれない。

中央もおつきあいするつもりはなかったのだろうが、自然と駒澤のあわただしい流れになってしまう。
しかし、中央には10番村田がいた。
彼だけはいい意味でマイペース、自分の、自分のチームのサッカーを貫くんだという意思を感じた。

得点は開始5分で中央先制、その2分後には駒澤同点においつく。
馬鹿試合の雰囲気が漂いだす。
結果を書いてしまえば、その後中央が2点を挙げ、3−1で中央が勝利。
中央といえば、前橋育英出身の六平が左SHで先発出場。
まだ遠慮が見えるものの、高校時代よりたくましくなった感じがして、これからどこまで伸びるかと期待させた。
また中央のDFラインにはエスパルスユース出身の岩本の名前はなかった。
駒澤のロングボール対策に、より高い選手を起用したか。

第三者的に見て、駒沢よりも中央のサッカーのほうに魅力を感じるな。
駒沢の監督の大声の支持には笑わせてもらったし、つられたのか中央の監督も大声で指示を出していて、選手の声よりよっぽど聞こえてきたのがおかしかった。
この記事へのコメント
秋田監督だけじゃなくて、いつも、もう1人のコ−チの方の指示というか、嘆きというか、罵声というか、もう『なんじゃ』というレベルなんですよね(笑)。後ろの席に高校の監督さん達が見にこられてましたが、最後は『ひどいベンチだな』と怒ってましたよ。
Posted by キャン・キャン at 2009年05月04日 20:27
キャン・キャンさん、書き込みありがとうございます。
お初ですか?
今後もごひいきに。
よろしければまた書き込んでください。

確かに秋田監督だけでなくもう一人のコーチの声もよく聞こえてましたね。
高校の監督が怒るということは、駒澤には進学しないように伝えるでしょうね。
よくグランパスU−18出身の奥村が行ったなあと思っています。
Posted by s-crew at 2009年05月04日 21:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。