2009年08月10日

千住〜南越谷

千住の宿を抜けると荒川が行く手に立ちはだかる。
その荒川にかかる千住新橋を渡る。
このころから日が翳りだす。
歩きやすくなった気がして、これまた都合よく幸先のいいことだと解釈する。
つくづく私は脳天気だと思う。

再度国道4号線から離れ旧日光街道を進む。
現在の地名で言えば足立区を歩いている。
足で立つとは、当たり前のことではあるが、私の行程のスタートの地点としてふさわしい地名であることよ、としつこいようだが都合よく解釈する。

足立区を歩き終えるとその先は埼玉県草加市。
SANY0106.JPG
毛長川にかかる水神橋を渡り草加市へたどり着く。
ただ、川は小汚いし、橋も名前負けしてる感じだし、これといった感慨はなかった。
東海道のときは、多摩川を渡って達成感があったが、今回はそんなことはなかった。

草加市に入って2キロほど歩いたころだろうか、急にせんべい屋の看板が目立つようになった。
そうだ、ここは草加せんべいの本場なんだ。
今さらのように気づく。
お土産に買おうかとも思ったが、荷物になるのでやめた。
しかし「草加せんべい発祥の地」の石碑があり、好奇心で写真を撮ってしまった。
おくのほそ道とは関係ないが載せてしまえ。
SANY0107.JPG
このあと松尾芭蕉文学碑だのおくのほそ道文学碑だのといった、このブログに載せるべきものがあったのだが、写真を撮るのを忘れる。
何をやっているのだか。

と、右手に水質が悪いことで有名な綾瀬川が寄り添ってきて、川沿いの遊歩道のようなところを歩くことになる。
そこへレッズの9番のレプリカを着た少年が自転車に乗ってやってきた。
もしかしたらと思い、誰のユニか確認すると永井。
フフフと思う。

そんなこんなで今日の目的地武蔵野線、南越谷駅に到着。
今日歩いているうちに考えたことを整理する。

やはり、おくのほそ道あるいは松尾芭蕉に関するものがあればできるだけ写真に納めること。
やはり俳句を載せようと思ったが、私の駄句では俳句というより川柳に近いだろう。
そこで私の素人の句を勝手に素句柳と命名し、記事の最後に載せることにしたい。
素句柳はすくりゅうと読んでね。

綾瀬川 流れを右手に ただ進む
(青葉城恋歌のパクリと思うかもしれないが、否定はしない)
この記事へのコメント
昨日は私の実家に近いところを通ったようですね。
私も出かけていたので、ニアミスしていたかもです。
写真、楽しみです。
わくわくしながら読ませていただきます。
お願いって言ったら迷惑かもしれませんが、
お出かけの予告みたいのがあればうれしいなと・・・
スタジアム以外でお会いできるのを楽しみにしています。
Posted by ほた at 2009年08月10日 11:13

ほただんでした。
Posted by ほただん at 2009年08月10日 11:15
ほただんさん、コメントありがとうございます。
大変励みになります。

できるだけ予告は月曜日にでも公開するようにします。
ちなみに今のところの予定では、夏休みをとって21日(金)に、南越谷から春日部まで歩こうと思っています。
Posted by s-crew at 2009年08月10日 22:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。