2009年08月21日

南越谷〜春日部(粕壁)

知り合いが九州や四国を鉄道で旅しているというのに、私は地味なこったと思ってしまった。

「おくのほそ道」の旅も本格的に歩き出して二行程目。
今日は南越谷から春日部まで。
現在の地名は春日部だが、ここは雰囲気を出して粕壁と書きたい。
このほうが、その町の歴史を感じる。

リスタートの地点はJR南越谷駅。
駅前は、今日から夏祭りらしくイベント台が組まれていた。
日光街道へ出て、一路北へ向かう。

正直言って今日の行程はあまりおもしろくないだろうなと思っていた。
史跡など見所があまりないのだ。
旧越谷宿の跡も、なんとなくそれっぽい雰囲気はあるものの、写真に残そうと思うほどでもない。
元荒川を渡るときに、旅するということはいくつもの川を越えていくことなんだ、と思ったのが収穫というかなんというか。

予想通り見せ場もないまま北へ、ただ北へと歩き続ける。
いったん別れた日光街道と、せんげん台の手前で合流、しばらくして新方川にかかる戸井橋を渡ると春日部市。

ここのあたりは日光街道がそのまま国道4号線で、1キロ歩くたびに日本橋から何キロと標識がある。
東武野田線のガードをくぐってしばらく行くと一宮の交差点。
ここまで来れば今日の最大の目的地としていた東陽寺はすぐ。
この寺は芭蕉が泊まったといわれている。
実は春日部には芭蕉が泊まったといわれるところは2箇所ある。
SANY0110.JPGそのうちの一つがこの寺だ。
碑があり、いい被写体があったと喜ぶ。

春日部駅まで歩いて、今日の行程はここまでとする。
今日はネタがなかったな。
次回はネタがありそうなので、楽しんで書きたいと思う。
やっぱり書いてるほうが楽しまないと、読んでるほうも楽しくないと思うんですよね。
ラベル:おくのほそ道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。