2009年09月11日

今度もCKからのヘッドで

続いて第二試合は慶應義塾大学対法政大学、この試合の注目は、毎回書いている気がするが、やはりエスパルス特別指定の河井。
彼がどれだけ活躍するかを楽しみに観戦した。

立ち上がりから慶應ペース、CKが何本も続く。
だが決められない。
一方法政は右SHに入った1年真野が積極的に仕掛けてチャンスを作る。
気になってちょっと調べたら、ヴェルディユース出身でもともとはFWの選手だった。
真野と慶應の左SB黄の対決がこの試合一番の見所だったように思う。

試合が動いたのは河井のCKから。
ニアで黄があわせ慶應先制。
これで河井はアシストランクでトップタイとなったと思われる。
だが、試合トータルで見ると河井は今ひとつだったか。
慶應の選手交代は1人だけだったが、それはロスタイムの河井から藤田息吹という藤枝東の先輩後輩のものだった。

試合はこのまま1−0で慶應が勝利。
最下位法政はますます苦しい立場になってしまった。
だが、真野の活きの良さは今後につながるものと思った。

試合開始後、某氏が静岡に帰る途中なので、とスタジアムに現れる。
また試合終了後、法政ファンの某女史とも遭遇、平日だというのにまったく。
そんなことでは私みたいな人間になっちゃいますよ。
気をつけてください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。