2010年08月11日

浮かれるのには早いけど

日付変わって昨日火曜日はサッカー週刊誌の発売日のみならず、新聞休刊日の関係で「エルゴラ」の発売日でもあった。
すべて表紙の中心にはオレンジをまとった選手がいるし、また中身もオレンジのユニが目立った。
おまけに「サカダイ」のJ2のベスト11の中にもエスパルスのユニをまとった選手がいたのには笑ってしまった、オレッ!

「サカマガ」の今節のMVPが淳吾、ベストイレブンには淳吾のほか、ヒョードーと拓也、イワシ。
さらにベストマッチがアウスタの試合。
一方「サカダイ」は、今節のMVPが拓也で、ベストイレブンには拓也のほかにイワシ、平岡、西部。
西部はないな、楢崎のほうが絶対上だったと思う。

「サカマガ」の読みどころは二つ、編集長による巻頭コラム『清水天下 悲願のリーグ初制覇へ視界良好』と、日経新聞の記者武智氏による連載コラム『「夏」の王者』と題された「ピッチのそら耳」。
辛口の文章が多い編集長だが、今回は「堂々たる勝利だった。」「その強さは「本物」とみていい」など褒め言葉が並ぶ。
また試合の翌日の日経新聞スポーツ欄の戦評を武智氏が書いていて、そのときから「ピッチのそら耳」にどんなことを書いてくれるか期待していた。
武智氏の視点は共感できるところが多いので、今回のコラムも期待通りの内容だった。

「サカダイ」では淳吾のインタビュー記事『固い約束の中で』。
ここ数試合キレキレの淳吾、いいタイミングでのインタビューだ。
シーズン序盤とは違って、最近は余裕が出てきてサッカーを楽しめるようになってきたとのこと。
また10番を背負う責任感を今までよりも強く感じているようだ。

昨日はサッカー記事を読みこみすぎて、ブログの更新がすっかり遅くなり、次の日になってしまった。
posted by s-crew at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。