2011年01月11日

久御山を均したブル2台

サッカー高校選手権の決勝戦を見に行ってきた。
二日前は到着するのが遅くなってしまい、入場券を購入したが、この日はJFA後援会分がまだ残っていて、無料で入ることが出来た。
ちょっと得した気分。

決勝戦のカードは滝川第二対久御山の関西勢対決。
滝二は監督が「ダブルブルドーザーシステム」と評する2トップを活かした攻撃が持ち味、一方の久御山は最終ラインからつないでショートパスとドリブルで崩すサッカー、どちらがその特長を出せるかに注目して試合を見た。

結果は5−3で滝二が勝利し、優勝の栄冠に輝いた。
二日前、私は久御山有利と見ると書いたが、外してしまった。
予想は難しい。
久御山有利と書いた後に、この冬のトーナメントは「また準優勝」の流れではないかと思った。
インカレは中京大が夏の総理大臣杯に続いて準優勝。
天皇杯はエスパルスがまたも準優勝。
この流れだとインターハイ準優勝の滝二が選手権も準優勝かと思ったのだ。
脱線してしまった。

滝二ボールでキックオフ、このとき不思議に思ったのは、久御山が前半風下を選択したこと。
後半勝負と見たのだろうか。
立ち上がりは久御山ペースだったが、先制点は滝二、「ブルドーザー」浜口が見事な反転からシュートを決める。
追加点はもう一人の「ブルドーザー」樋口。
前半から「ダブルブルドーザーシステム」全開。

後半は点を取り合って、4−1になる。
ここから久御山が追い上げを見せて、4−3と1点差にまですがりつく。
この展開を見て、首都圏開催の最初の年の浦和南対静岡学園の試合を思い出したオールドファンもいるのではないか。
私はテレビで見ていて興奮していたことを思い出す。
アディショナルタイムに樋口が5点目を決めて勝敗は決した。

滝二はダブルブルドーザーが2点ずつとって目立っていたが、ボランチの谷口もいい選手だなと思ってみていた。
久御山は、愚直なまでに自分たちのサッカーにこだわっているように感じられた。
もう少しCFの安川を使ってもいいと思ってみていたが、これはこれで悔いの残らない戦い方だったのかもしれないとも思った。

表彰式の終了後、滝二応援席の前で両校イレブンが抱き合って健闘を讃えあっていたのが新鮮だった。
中学のときに同じクラブでやっていた選手が両校にいることも関係しているのかもしれない。

競技場で見ることが出来て良かったと思った試合であり、また試合後の光景であった。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/180047323

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。