2011年01月13日

不安もあるけど期待も大

このタイミングで移籍が発表になってしまったか。
今日は最初からブログネタでサッカー週刊誌の補強情報について書こうと思っていたので、やりにくくなってしまった感がある。
まあ、いっか。
事実は事実として受け止め、私は私で淡々と書いていくことにする。

まず「サカダイ」、メインの特集は「Jリーグ前38クラブ補強計画書」。
エスパルスのページで一番これは、と思ったのは、監督の紹介記事で「ちなみに妻は日本好き。」というところ。
なにげにこういうところが大事ではないかと思っている。
すぐに他の記事へ移ってしまう。
「サッカーの素」、お題は『アジアカップどうよ』。
まるまる一つ紹介する。
「ザック・ジャパンよりも、ゴトビ・イランが気になってしかたがない。」、同士よ。
「うるとらスーパーさぶっ!!」、天皇杯決勝戦後の健太とテルの会話という設定、淳吾と一樹に「ボクは最後まで分からなかった…」と言わせているが、よりによって今日か、素直に笑えない。

「サカダイ」に移る。
メイン特集は「2011Jリーグ全38クラブ補強診断」、なんかよく似た特集だ。
エスパルスのページで「アフシン・ゴトビの正体」という記事がある。
書いているのはやはり森本高史氏、マイナーな国のサッカー情報もこの人が書くなら信頼してしまう。
クラブチーム監督就任一年目でリーグ優勝に導いている。
最後の『前体制で成し遂げられなかったタイトル獲得に向けて、最適な人物が清水にやってくる。』、期待しちゃいますよ。
小林大悟のインタビューがある。
『とことん“静岡らしい”サッカーをみんなでやれればいいですね』、『エスパルスを良い方向に導ける自信はありますよ』、こういった発言をしてくれる選手をあたたかく見守りたい。
最後に、もうエスパルスではなくヴァンフォーレのページでテルとイチの対談が載っている。
テルの『言葉でなにかを伝えるのが苦手なんだよ』の発言に苦笑。
応援は続けるけど、対エスパルス戦はお手柔らかに。
posted by s-crew at 00:42| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/180396377

この記事へのトラックバック

ゴトビ監督はペルシャ系かアメリカ人か
Excerpt: 多言語話者(「ポリグロット」とか「マルチリンガル」と呼ぶ)を何となく目指している私は、実際に多言語話者の勉強に関する本を書店で見つけると買ってしまう傾向がある。その中で今回は『マルチリンガルの外国語学..
Weblog: ふるさと(静岡市清水区)は遠くにありて想うもの
Tracked: 2011-01-16 13:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。