2011年01月23日

今市〜鉢石(〜裏見の滝)

中一週間でまた、おくのほそ道御徒紀行を再開することにした。
今回の予定は今市から日光(昔の宿の名でいうと鉢石(はついし))へ、さらにそこから裏見の滝まで足を伸ばし、日光の駅まで戻ってくるというもの。
正確な距離はわからないが20キロをやや越えるくらいか。
裏見の滝を見るのに険しい山登りがあるはずなので、足が大丈夫か心配しつつ臨んだ。

1月23日、前夜の興奮のためか少し寝坊したが、それでも何とか昼過ぎに今市駅へ。
日光街道まで出て、御徒紀行を再開。
10分ほど歩くと、また杉並木の中を歩くことになる。
右手には杉並木公園。
このあたりから歩道に雪が積もっているようになる。
踏み固められたところもあるが、ところによっては新雪の上を歩く感じのところもある。
栃木県でもこんなに雪が残っているのかと驚く。

歩き始めて1時間半ほどたったころだろうか、いきなり市街地になり右手にJR日光駅が。
続いて東武日光駅。
ここからやっと歩く人も見かけるようになる。
外国人の比率が高い。
さすがに世界遺産の日光と思う。

両手に土産物屋などを見ながらさらに進む。
日光橋の手前を左に曲がると日光金谷ホテル。
昼飯をここの百年カレーにしようかと前の日の時点では思っていたが、寝坊した時点で断念、ホテルに寄らず、滝を目指して歩く、歩く。

日光東照宮も、今回はパス、次による予定。

裏見の滝入口のバス停を過ぎて、幹線道路から生活道路に入る。
滝まで2.5キロの案内があった。
上り坂が続く。

実は裏見の滝にたどり着けるか自信がなかった。
地図を見ると、道路から離れたところに滝がある。
どこかで舗装された道から山道に入らなくてはならないと思っていた。
まず、その案内があるのかが心配。
さらに、雪が積もっていて舗装されていない道を進むことが出来るのかが第二の心配な点だった。
一度間違えそうになったが、裏見の滝はこちらの案内表示を見つけホッとする。
だが予想通り、舗装されていない山道で雪が積もっている。

階段を上るように山道を行く。
途中足を滑らせたのは一度や二度ではなかった。
雪山用の靴を履いてくるべきだったかと後悔。
と、人とすれ違う。
雪山装備だ。
カメラの三脚を杖替わりに使っていた。
左手に小さな滝が見え、これかなと思ったが道はさらに続いているので私も歩き続ける。
そしてとうとう展望台が見え、これだと思える滝が見えた。
DSC00035.JPG

日光三大名瀑の一つだそうだ


滝からの帰り道も、何度も足を滑らせてほうほうの体で舗装された道路まで戻る。
やはり滝は夏に来るものかもしれない。

裏見の滝入口のバス停付近まで戻る。
道を一本入ったところに小学校がある。
この小学校の中に芭蕉の句碑がある。

後は何とか日没までに日光駅まで戻りたいという気持ちで歩き続ける。
いい被写体を探していると日光橋の手前の神橋(しんきょう)がいいかなと思った。
この橋は渡るだけで300円かかる。
この橋渡るべからずと思わず口から出そうになった、罰当たりかな。
DSC00036.JPG


日光の駅にたどり着いたときはちょうど日が落ちたころだった。
手が寒さで固まっていた。

寒くても 言わぬ泣き言 恨み言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/182154064

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。