2011年02月09日

合理的な指導そして情熱

またまた勘違いしていて、今週こそ「サカマガ」でシンジとタカ(コンビで書くとタカと書くのに抵抗がない)のインタビュー記事が出ると思っていたが、来週号だった。
今週号は、長友のインテル移籍のおかげで翌週送りになってしまった記事も多いのかもしれない。
まあ、「サカマガ」の来週号の予告ページに、『ドリーム対談が実現! 黄金コンビの大暴れ宣言』とあるので、これがシンジとタカのことを指しているのだろうな。
また「清水は戦力ダウンしているように見えるけど、意外にやるゴトビ!」なんて言ってる編集者もいる。
来週号こそ「サカマガ」に期待したい。

一方「サカダイ」、ゴトビ新監督のインタビューが載っている。
『合理主義者が放つ情熱』。
練習内容を聞く限り、確かにアメリカ流合理主義を実践しているように思える。
だが杓子定規ではなく、情熱的であったり、夢追い人の面も持っている。
「エスパルスのサッカーを確立してタイトルを勝ち取りたいという大きな夢があります。」ここだけでもぐっと来るが、さらに「清水という町の名前を、世界的に有名にしたい」とも言ってくれている。
世界的に有名にしたいというところに、コスモポリタンとしてのゴトビ監督という面を見たように思った。

エスパルスは明日から実戦モードに入る。
ゴトビサッカーを早く実際に見てみたいと思う。
posted by s-crew at 00:34| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見てきまつ


|電柱|彡サッ
Posted by ザンギュラ@Q州のどこかより at 2011年02月09日 04:38
ザンギュラさん、お久しぶりです。
しかしまた、朝の4時台に書き込みですか。
よくわからないお方だ(笑)。
Posted by s-crew at 2011年02月10日 23:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。