2011年03月02日

乗るぞ乗るぞ絶対乗るぞ

3月5日から東北新幹線では「はやぶさ」が走り始める。
また3月12日には九州新幹線の博多−新八代間が開業し、新青森から鹿児島中央までが新幹線で結ばれることになる。
そういったタイミングだからだろう、ビジネス週刊誌『週刊東洋経済』の今週号の特集は『「鉄道」最前線』、これは取り上げねばなるまい。

80ページにもわたる総力特集、その中身は4つのPARTに分けられている。
 PART01 鉄道はモノづくりの塊!
 PART02 世界の鉄道戦争
 PART03 国内鉄道最前線
 PART04 都市圏鉄道の課題
どのPARTにも触れたい気持ちはあるが、手を広げすぎるとまとまらなくなりそうなので、PART03の国内鉄道最前線に絞ることにする。

とはいうものの、新幹線の話題はたぶんほかでも盛り上がるだろうから、へそ曲がりな私はほかのことをピックアップしたい。
まず、「地方鉄道、存続への取り組み」。
このトピックの中では7つの地方鉄道が取り上げられている。
その中で私の一押しはひたちなか海浜鉄道だ。
なんてったって、私のブログにコメントをよこしてくれたことがある。
さらにホーリーホックの選手も参加するイベントの紹介までしてくれた(さすがに行かなかったけれど)。
よし、次は那珂湊駅で自転車を借りるぞ、と訳のわからない目標を立てた。

もう一つは「次のLRTは札幌か沖縄か?」。
ご存知の方も多いと思うが、LRTとは、早い話見栄えのいい路面電車。
そのLRTを走らせようという機運が高まってはいるものの、富山の次が続かないというのが実際のところ。
政令指定都市になり、LRT計画が進むかと思われた堺市も、反対派の市長になってしまって止まってしまった。
個人的には、松江はLRTに向いている街のように思うのだが。
JRの松江駅と一畑電車の松江しんじ湖温泉駅を、中心市街地経由で結べば面白いと思うし、さらに一畑電車に乗り入れるなんてことになったら、私は絶対乗りにいく。

まだまだ紹介したい記事が残っているが、ここらあたりでブレーキをかけることにする。

私はまだ買っていないが、今週号の「週刊エコノミスト」も鉄道を特集していた。
たぶん近日中に買うのではないかと思っている。
今、テツが熱い。
posted by s-crew at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はい、お待ちしています。
(吉田)
Posted by ひたちなか海浜鉄道 at 2011年03月04日 19:11
あ、あのう、吉田さんは、もしかして吉田千秋社長ですか?
だとしたら、ひたちなか海浜鉄道のサポーターになりそうだ、俺。
Posted by s-crew at 2011年03月04日 23:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。