2011年03月07日

長いシーズンが始まった

2011シーズン、最初に見たJの公式戦は味スタで行われたFC東京対サガン鳥栖となった。
J2とはいえ、2万人を超す観客が集まった。
それも試合前に行われたスカパラのライブのおかげ、ではないと思う。

試合は1−0でホームFC東京が勝利を収めた。
前評判はダントツの優勝候補のFC東京だが、相手にしてみれば、思い切ってぶつかっていける分、勝ち負けは別にして戦いやすいのではないか。
この日のサガンも、チャレンジャー精神の現われか、前半から飛ばしていた。
前半は0−0だったが、決定機はサガンのほうが多かった。
特に右SHに入った國吉がいい形でボールを持つと得点の匂いがした。

後半FC東京は左SB阿部のフィードを平山がGKと交錯しながらも競り勝って、最後は谷澤が押し込み、先制。
審判によっては平山のファウルを取る人もいたかもしれないという微妙な判定だったように思う。
繋ぐサッカーを志向しているようだが、結局は平山の高さに頼った感じを受けた。
谷澤のゴールが決勝点となり、そのままFC東京が逃げ切る。

今年になってサガンのPSMを1試合見た。
そのときと比較すると、左SHに入るはずの山瀬がいなかったのが、サガンは痛かったように思う。
また途中出場の新人FW野田は、なかなか面白い存在になるかもとも思った。
あとはCF豊田の高さをどこまで活かせるかで順位が決まってきそうだ。

FC東京のほうでは、ボランチが羽生と高橋というコンビ。
どちらも本職ではない。
前半苦戦したのもこのあたりに要因があるかなと思った。
あとベンチのメンバーを見て、やはりJ2では選手層の厚さは抜け出ていると思った。
使われなかったり、ベンチにも入れない選手のモチベーションをどう維持するかが、実は昇格への最大の課題ではないだろうか。

今年もシーズンが始まった。
J2ではどこのサポーターでもない私は、混戦になってほしいと願っている。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/189305468

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。