2011年03月08日

本当にこのタイムなの?

日曜日、第36回静岡駿府マラソンに出て、10キロ走ってきた。
土曜日に2試合サッカー観戦した次の日に、朝からこんなことをするなんて、我ながらようやるよと半ば呆れてしまう。

昨年は、50分をきることを目標にしながら、目標に遠く及ばない54分20秒という公式タイムだった。
今年はまったくといっていいほど走っていなかったので、弱気に一時間を切れればいいやと思っていた。
そうしたら公式記録が53分42秒、ネット記録が52分51秒と、昨年より30秒以上記録がよくなっていてビックリした。
DSC00040.JPG


なぜかと考えたら、二つ思い至った。
一つは、昨年は前日東京〜広島〜静岡と大移動をしたので、その疲れが出たが、今年は移動距離が短く疲労度が少なかったこと。
もう一つは、昨年はかなり寒く、十分にアップしないでスタートしたが、今年はあたたかい陽気で、すぐに走れる体調になったこと。
とにかく昨年より記録がよくなったことは、わたしもまだまだ老いていないなとうれしい気持ちにさせた。

とはいえ、やはり走っている間は苦しかった。
特に残り4キロくらいからは筋肉のスタミナが、残り2キロからは肺のほうのスタミナが切れそうになりしんどかった。
こんなときは、頭の中で歌を流している。
例年だと「Runnner」だが、今年は、なぜか足の運びのテンポとあって「団結清水」のチャントを流しながら走っていた。
永井や元紀のチャントも試してみたが、合わなかった。
ボスナーのチャントは私の走るテンポにあっていたが、意味不明のコースアウトするかもしれないと思い、止めた。

足の筋肉痛が、日曜日より月曜の朝、さらに夜と増してきている。
明日の朝に筋肉痛のピークが来るのではないかと心配している。
posted by s-crew at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。