2011年04月11日

プレミアイースト第一戦

今年からU−18プレミアリーグが始まった。
各地域のプリンスリーグの上に、今年から東日本と西日本に分けた上位リーグが創設されたのだ。
昨シーズン東海1位のエスパルスユースは東日本のプレミアリーグ入りをした。
そして昨日日曜日、プレミアリーグの第一戦がレッズユース相手に行われた。

試合結果はご承知の方も多いと思うが0−4で敗戦。
前半は何とか0−0で折り返したが、耐え切れず4失点を喫してしまった。
昨年の高円宮杯のグループリーグで同じレッズユース相手に同じ会場で2−6で敗れたが、今回もダメージの残る敗戦となってしまった。

前半からレッズユースのほうが一枚上手と感じられた。
エスパルスユースも柏瀬や石毛など年代代表クラスの選手を中心に攻撃を企てるも、どれも単発。
チームとしての連動性が、レッズユースと比較して大きく遅れているという印象を持った。
前半最大のチャンスは早いスタートをしたFKを柏瀬が頭で合わせたもの。
バーに嫌われたが、これは決めねばならないシュートだったと思う。
たらればの話だが、先制していれば多少は相手も浮き足立ったかもしれない。

後半石毛が退く。
試合後医者に向かうような話をしていたが、どこか打ったのだろうか。
石毛がいるといないとでは中盤の構成力に格段の差が出てしまう。
たいした怪我でなければいいが。
後半はいっとき中だるみがあったものの、概ねレッズユースペース。
中央でためてサイドに展開、えぐってマイナスのクロスに中央であわせるという、正直私が好きな得点パターン、だがそれを相手チームにやられると悔しさも倍増する。

前後半あわせて3回クロスバーに嫌われたものの、それでもはっきりと実力の差を感じてしまった試合だった。
全体的に声が少なかった印象がある。
怪我で出場できなかったFW影山の不在が大きく影響したか。
FWといえば飛び級でUー16日本代表に選ばれたまだ中学生の北川が途中出場した。
またU−15日本代表に選ばれたやはり中学生の水谷拓磨も途中出場した。
悪いことではないが、選手層が薄いのかと心配もしてしまう。

プレミアリーグは全10チームがホーム&アウェイの18試合を行う。
12月まで続く長丁場だ。
選手の成長に期待したい。
そしてホームでは必ず勝つという気概を見せてもらいたい。
と書いてはみたものの、正直なところリーグ残留が最大目標かなという気もしてしまった。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/195375390

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。